車の助手席から荷物が落ちるのを防ぐトレイ、運転中も荷物が気にならなくなります。

助手席用トレイ&ボックス(アーネスト)

助手席に荷物を置いておくと、運転中に落ちる場合があります。

坂道やカーブを走行したり、ブレーキを踏んだりする際には特に荷物が落ちないかどうかは気になります。

そこでこのページでは、助手席から荷物が落ちるのを防ぐトレイをご紹介します。

これを使えば、車の運転中に荷物が落ちるのを気にせずに済むようになります。

運転中に荷物が助手席から落ちなく無くなる便利なグッズ。

車の助手席用の荷物入れが車の車の助手席用トレイ&ボックスという商品。アーネストから販売されています。

助手席に置いた荷物を固定できるため、運転中の落下が防げるようになります。

カーブに差し掛かったら助手席のペットボトルが転がってしまった。

急ブレーキを踏んだらスマホを前に飛んでしまった。運転中によくある話です。

運転中に一瞬でも前から目を離すことは危険です。

しかも助手席の荷物が落ちる場合は、カーブやブレーキを踏んだとき。

いつも以上に目を離さずに運転する必要があるときです。

事故を防ぐためにも、大切な荷物を守るためにも助手席用トレイ&ボックスが役立つというわけです。

助手席用トレイ&ボックスのおすすめポイント。

  • 運転中に助手席から荷物gが落ちなくなること。
  • 薄型トレイとボックスの2通りの使い方ができること。
  • 使用しないときには折りたためること。
  • 実勢価格が、2,000円前後と手頃なこと。

車の助手席用トレイ&ボックスは使い方が2通り。

財布やスマホなど小物だけの場合はお皿のようなトレイとして。

ペットボトルや水筒など大きめのものがある場合にはボックスとして使えます。

場面に応じてどちらでも使えるようになっています。

本体は座席にベルトを使って固定するタイプ。

2か所固定でマジックテープ式。取り付けも簡単です。

また、使わないときにはピタッとシート状に折りたためます。

邪魔になることもなく収納場所も必要ありません。

素材はポリエステル、不織布などを主な素材とした布製。柔らかいのが特徴です。

※商品名 車の助手席用トレイ&ボックス(アーネスト)

収納時サイズ 幅38.5×奥行3×高さ63cm
トレイ使用時 幅38.5×奥行31.5×高さ5cm
ボックス使用時 幅38.5×奥行31.5×高さ26.5cm
重量 540g
耐荷重 10kg
付属品 本体、取扱説明書(台紙記載)
材質 表生地:ポリエステル/内生地:不織布/中芯:紙/バックル:ポリプロピレン
JANコード/ISBNコード 4989082767963

助手席用トレイ&ボックス まとめ。

車の助手席に置いた荷物が落ちるのを防ぐ、車の助手席用トレイ&ボックスをご紹介しました。

単に荷物を助手席に置いておくだけだと、普通に運転していても転がったり飛んでいったりします。

それに気を取られるとどうしても前方から目が離れます。

運転中の事故は、前方から一瞬目を離した隙にも起こります。

大切な荷物を守るためにも、事故を起こさないためにも、助手席用トレイ&ボックス使ってみてはいかがでしょう。