電動エアダスター 200-CD033(サンワサプライ)

繰り返し使える電動エアダスター、車の中でも使えます。

細かい所に入ったホコリを、空気の力を使って吹き飛ばすことで、取り除けるエアダスター。ソファーや車のシートなどのホコリや細かいゴミを取るのに重宝します。

とはいえ、このエアダスター、その多くは使い捨てのタイプ。缶の中に充填された気体をすべて噴出させてしまうと、そこが寿命。

意外と直ぐに使い終わり、しかも、空き缶というゴミが出てしまうこともあり、便利でもあり、決して使い勝手がよいとまではいえませんでした。

そこで今回は、繰り返し使えるエアダスターをご紹介します。家の中はもちろん、シガーソケット対応なので、車の中でも使えて便利な商品です。

繰り返し使えて、ゴミにもならない、電動エアダスター。

通常「缶入り」「使い捨て」というイメージのエアダスター。これを、電気を使うことで、繰り返し使えるようにしたのが、電動エアダスター 200-CD033。サンワサプライから販売されています。

電気の力を使って稼働させるタイプのエアダスターなので、自宅やオフィスなど通常のコンセントにつなげば作動。

加えて、車のシガーソケットにも対応しているので、車内清掃にも使えます。

電動エアダスター 200-CD033、のおすすめポイントは、
・電気の力を使うので、繰り返し使えること。
・車のシガーソケットでも稼働させられること。
・3種類の大きさの異なるノズル(先端部分)が付属してくること。
・ノズルが下側でも動作すること。
・実勢価格が、3,000円前後と手頃な価格であること。

ノズルはサイズの異なる3種類、用途に応じて使い分けができます。

従来のエアダスターは、エアーが噴出する部分が極細になっているタイプが一般的です。

たしかに、極細ノズルは、ごく狭い隙間などには効果を発揮しますが、折角のエアダスター、広い個所でも気体を噴射させる力を使いたいところは沢山あります。

その点、この電動エアダスター、購入時にはサイズの異なる、3つのアタッチメントが付いてきます。大・中・小の3サイズがあれば、広い面から、狭い隙間まで幅広い用途に使用できます。

また、缶入りタイプのエアダスターの使いにくい点の一つが、頭の部分を下にすると、気体を噴射させられないこと。

缶入りタイプは、ガスの力を使っているので、当たり前といえば当たり前ですが、限られたスペースだと、これが仇になることもしばしば。

この点についても、電動エアダスターは、電気の力を使うため、下向きでも普通通りに噴射させることができ、これが意外と使いやすく、メリットといえます。

便利だけど、直ぐに使えなくなる、ゴミになる、購入費用が掛かる。そういったエアダスターの弱点を克服した、電動エアダスター、おすすめです。

※商品名 電動エアダスター 200-CD033(サンワサプライ)
・サイズ W85×D100×H97mm(本体のみ)
・重量 168g
・AC電源 AC100V 0.8A
・シガー電源 12V 3.3A
・連続使用可能時間 約10分
・騒音 85dB
・材質 ABS樹脂
・付属品 ノズル×3タイプ、ACアダプタ、シガープラグ(約290cm)
・保証期間 ご購入日より6ヶ月
・品番 200-CD033
・JANコード/ISBNコード 4969887871980

人気の記事

  1. hatake 世界最小の畑
  2. たためる水切り三角ポット 大 ピンクK109P(マーナ)
  3. イスの後ろのカバン置き(キングジム)
  4. めざましテレビ 手芸 tic
  5. 2台目用小型洗濯機 マイセカンドランドリー

アーカイブ

PAGE TOP