電気ちりとり ZN-DP24(シーシーピー)

フロアワイパーで集めたゴミを吸い取ってくれる、電気ちりとり。

クイックルワイパーを代表とする、フロアワイパー。わざわざ掃除機を出すまでもなく、サッと一拭きするだけで細かいゴミやホコリをとってくれるため、フローリングの掃除に非常に便利な商品です。

とはいえ、このフロアワイパーの唯一の欠点ともいえるのが、集めたゴミの処理が少々面倒なことです。

ホコリや髪の毛などはワイパーに装着しているシートが吸い取ってくれます。ただ、少々大きなゴミとなると、ちりとりで集めて捨てる処理が必要になります。

そこで今回は、フロアワイパーで集めたゴミを電気の力で吸い取ってくれる、電気チリトリをご紹介します。

これを使えば、フロアワイパーを使いつつも、簡単にゴミの処理ができるようになります。

フロアワイパーで集めたゴミを、近づけると吸い取ってくれる、電池ちりとり。

部屋の空いたスペースに設置しておいて、フロアワイパーで集めたゴミを近づけると、ゴミをスッと吸引してくれるというのが、電気ちりとり ZN-DP24。シーシーピーから発売されています。

この電気ちりとり、フロアワイパーの唯一の使いづらい点であるゴミの処理を、簡単にできるように開発された、フロアワイパー専用商品。

いってみれば、掃除機の吸引機能、ゴミを溜める機能を独立させたもので、フロアワイパーが一層使いやすくなるというわけです。

電気ちりとり ZN-DP24、のおすすめポイントは、
・フロアワイパーで集めたゴミを吸い取ってくれること。
・ゴミを近づけるだけで、吸い取ってくれること。
・操作が電源のON・OFFだけ、簡単なこと。
・ゴミは紙パックに溜まるので、後の処理が楽なこと。

フロアワイパーの使いづらさは「ゴミの処理」、電気ちりとりがあれば、フロアワイパーが一層使いやすくなります。

使い方も非常に簡単。幅約30cm、奥行13cm、高さ10cmほどの本体をあらかじめ部屋に設置しておきます。

あとは、フロアワイパーでゴミを集めたら、本体の吸い込み口に近づけて電源ON。そうすると、自動的にゴミが吸引される仕組み。

吸引されたゴミは、本体内部にセットされた紙パックの中に溜まっていくので、折りをみて交換するだけ。この辺りは、紙パック式の掃除機と似たようなイメージで使えます。

便利なフロアワイパーが、さらに使いやすくなる、電気ちりとり。フロアワイパーの使用頻度が高いようであれば、購入を検討する価値が大いにありそうです。

※商品名 電気ちりとり ZN-DP24(シーシーピー)
・商品種別 フロアワイパー用 電気ちりとり
・付属品 紙パック(5枚)、取扱説明書(保証書含む)
・本体サイズ 幅31.1×奥行13.6×高さ10.2cm
・本体重量 1.4kg
・電源 AC100V 50/60HZ
・消費電力 300W
・電源コード 1.5m
・保証期間 1年
・JANコード/ISBNコード 4906064272277

人気の記事

  1. キッズ用水着なら泳ぎをサポートしてくれるスイムセーフがおすすめ。
  2. サーフボード 塗装用ペン
  3. 自由に成形できるプラスチック樹脂 プラフレンド
  4. 冬温夏涼+S
  5. パネもく! 松阪牛焼肉セット 300g(景品パーク)

アーカイブ

PAGE TOP