足元専用の暖房器具、足を直接乗せられる足元用のヒーター。

木枠フットヒーター MFH-181ET(メトロ電気工業)

足元を暖めるための暖房器具にも色々な種類があります。

ただ、足元周りは狭いことが多く、暖房器具を置くと足の置き場に困りきゅうくつに感じます。

そこでこのページでは、足を直接乗せられるタイプの足元専用の暖房器具をご紹介します。

これを使えば、足の置き場に困ることなく足元を暖められるようになります。

足元に置いて直接足を乗せる ヒーター暖房器具。

足元に置いて足を乗せて使う暖房器具が、木枠フットヒーターMFH-181ETという商品。メトロ電気工業から販売されています。

一般的な暖房器具は、直接器具に触れてはいけないものがほとんどです。

ですが、この木枠フットヒーターは商品名にある通りヒーターが木の枠で囲われています。

ハロゲンヒーターを覆っている木の枠に直接足が乗せられるというわけです。

そのため、暖かさがダイレクトに伝わるほか、足の置き場にも困りません。

通常の暖房器具の場合には、それを避けるために足元が窮屈。

木枠フットヒーターは、足を直接乗せておけるので足元が窮屈になることもありません。

使える場所も様々。勉強机や仕事用のデスクの下。

ダイニングテーブルの下にも置いておくことができます。

木枠フットヒーターのおすすめポイント。

  • 足を乗せることができること。
  • 足元を直接温められること。
  • 温度調節のためのコントローラーが手元に置けること。
  • 自動OFFタイマーが付いていること。

木枠フットヒーターの操作は手元に置けるコントローラーを使用します。

温度調節やタイマー設定などは手元でできるようになっています。

安全面への配慮ももちろんなされています。

本体には温度ヒューズとサーモスタット。電源コードには電源ヒューズ。

異常を察知したら自動で止まるための3つの安全対策がなされています。

また、足元はホコリが溜まりやすい場所でもあり、そのためのポケット付。

本体下部のポケットにホコリが溜まる仕組みになっています。

溜まったホコリはポケットを引き出して捨てらるようになっています。

※商品名 木枠フットヒーターMFH-181ET(メトロ電気工業)

サイズ 縦218×横490×高さ107mm(横は器具用のプラグ含む)
重量 3.0kg
定格 AC100V 180W 50-60Hz
発熱体 ハロゲンヒーター
温度調節 手元電子コントロール式(連続電力自動制御)
安全装置 温度ヒューズ/電流ヒューズ
電源コード 丸打ちコードタイプ3m、電子コントローラ付き KET22(B)
保証 1年
JANコード/ISBNコード 4948309101188

木製フットヒーターの口コミ・評判は?

足元を暖めるのに便利な木枠フットヒーターですが、実際に使った方の口コミや感想は気になります。

良い口コミ。

ダイニングテーブルの下に置いて夫婦向かい合って使用しています。暖房能力は充分で外枠が木材なので触った感覚も心地よいです。
温度調節も手元でできるので便利。ヒーターからの温熱もなかなかのものでした。
エアコンをつけていても足元が冷えるのでテーブルの下において使っています。すぐ暖かくなります。子供の勉強机用にももう一つ買いたいです。
部屋で机に向かっているときいつも足が冷たかったので購入しました。足が冷えなくなるだけで体調を崩しにくくなりました。とても助かっています。

イマイチな口コミ。

思ったほどではなかったという口コミや評価もありました。

内容的には暖房能力そのものというより、ホコリに関することが多いようです。

使用する場所がホコリの溜まりやすい足元だけに、ホコリポケットはこまめに掃除した方がよさそうです。

机の下に置く物なので内部にほこりが溜まりヒーターで焦げて匂いが発生します。
構造上ホコリが溜まりやすい。この辺りは次機種で簡単に清掃できるような改善をメーカーに要望したいところです。
性能そのものは満足しています。ですが、もう少しサイズが小さくて軽かったらより満足だったと思います。

足元用のヒーター 木枠フットヒーター まとめ。

足を直接乗せられる暖房器具、木枠フットヒーターをご紹介しました。

木枠フットヒーターの一番の特徴は足を直接乗せられることです。

スペースが限られがちな足元で足が直接乗せられれば、足の置き場に困らなくなります。

もちろん、ダイレクトに足を暖められるので温風ヒーターなどに比べても、より足を暖められます。

机に向かう際の防寒対策として、木枠フットヒーター、おすすめです。