扉につけるお知らせライト(キングジム)

ドアの向こう側に人がいることを知らせてくれるライト。

ドアの向こう側に行こうと思って扉を開けると、同じように人がいて、危うくぶつかりそうになった。よくある日常の光景です。

勢いよくドアを開けると非常に危険ですし、ましてや何かを持っていたりすれば、落としてしまう可能性すらあります。

そこで今回は、ドアの向こう側に人がいることを、予め知らせてくれるライトをご紹介します。工事不要で、簡単に取り付けられるのが魅力的なライトです。

ドアの向こう側に人がいると、「あぶない」と知らせてくれるライト。

コードでつながれた親機と子機の2台のライト。これをドアの表裏面、両サイドに挟むようにつけておくと、ドアの向こう側に人がいる場合に、点灯して知らせてくれる。

ドアを開ける際の、危険回避、衝突回避を目的として作られたのが、扉につけるお知らせライト、というキングジムの商品です。

この扉につけるお知らせライトは、2台のライトにそれぞれセンサーがついており、人を感知すると、反対側のライトが点滅する仕組み。

搭載されているセンサーは、ドアに直進してくる人、横切る人の動きを感知。その範囲は、最大で4mの範囲を感知できるようになっています。

扉につけるお知らせライト、のおすすめポイントは、
・ドアを開ける際の危険を回避できること。
・マグネットで取り付けるので、工事不要で設定が簡単なこと。
・乾電池を使用するので、煩わしいコード類が不要なこと。
・最大で4mの範囲で、人の動きを感知できること。

マグネットで貼り付けるだけ、直ぐに使えます。

この扉につけるお知らせライト、実際にドアに取り付ける際には、マグネットで貼り付けます。なので、面倒な工事は一切不要で、購入後、直ぐに使えるのも魅力的です。

とはいえ、マグネットで取り付けるため、両面が磁石に貼り付くことが必須条件となるので、そこは購入前の各品が必要です。

また、電源には、乾電池を使用するので、コンセントの確保はもちろん、電源コードを這わせるなどの煩わしさもありません。

1日30回程度のドアの開閉、ランプ点灯で、約半年ほどの電池寿命がある計算で設計されています。

メーカー希望小売価格は、8,000円(税抜)。ドアの開閉による危険回避ができるのであれば、決して高くはないといえそうです。

扉につけるお知らせライトを設置すれば、実際に人とぶつかることも、なんとなく危険や不安を感じることも無くなります。

※商品名 扉につけるお知らせライト(キングジム)
・セット内容 本体、表示シート(親機用、子機用共に3種類各1枚)、取扱説明書(保証書付)
・サイズ 親機:約103×30×76mm/子機:約103×23×76mm
・感知角度 水平方向:約120°/垂直方向:約110°
・感知距離 本体に向かう時:最大約1.5m/本体の正面を横切る時:最大約4m
・コード長さ : 約160mm
・質量 約140g(電池含まず)
・電源 単3形アルカリ乾電池または単3形エネループ×3本(別売)
・電池寿命 約6ヶ月(1日あたり30回センサーが感知時)
・品番 TAL10 ミト
・JANコード/ISBNコード 4971660774883

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人気の記事

  1. スマピカ
  2. 世界の国旗かるた (学研)
  3. 抗菌タイプ 折りたたみ式風呂ふた(東プレ)
  4. かつお節のうつわ 15枚入り(木村アルミ箔)
  5. OHM 靴おきマーク(学研ステイフル)
ブログランキング・にほんブログ村へ

アーカイブ

PAGE TOP