ゴッソ 鼻用脱毛ワックス(GOSSO)

見える部分の鼻毛を抜くための、ブラジリアンワックス。

抜いたり、切ったりと、鼻毛を処理する際に気を付けたいのが、必要以上の鼻毛を抜かないことです。

というのも、鼻毛には、外界からのホコリやウィルスを守る役割があるためです。実際に、鼻毛を抜き過ぎると、風邪を引きやすくなるなどの弊害もあるほどです。

そこで今回は、見える部分の鼻毛だけを、ごっそり抜くためのブラジリアンワックスをご紹介します。

あまりの抜け具合に、一度使ってみると、病みつきになる方も多いようです。

見える部分だけが抜ける、鼻毛抜き用のブラジリアンワックス。

ブラジリアンワックスは、温めて溶かしたワックスを肌に塗り、それをべリッと剥がすと、ワックスについた毛も抜ける、という原理の脱毛方法です。

一般的には、ブラジリアンワックスというと、ビキニラインや足の毛を抜くものというイメージです。

それを、鼻毛抜き用として使えるようにしたのが、ゴッソ 鼻用脱毛ワックス、という商品です。

ゴッソ 鼻用脱毛ワックス、のおすすめポイントは、
・見える部分の鼻毛だけが抜けること。
・ゴッソリと鼻毛が抜けること。
・使い方が簡単なこと。
・国際ワックスコンソーシアムの認定商品であること。
・経済的であること。

ストッパーがあるので、必要以上に鼻の中に入りません。

ゴッソ 鼻用脱毛ワックス、使い方はとても簡単です。

まず、粒状になったワックスを電子レンジで温めて、ある程度溶かします。

水飴のような状態になったワックスを、付属のスティックの先端につけて鼻に挿し込みます。

1分ほど待ってから、スティックごと引き抜けば、鼻毛がゴッソリ抜けるというものです。

ただし、専用スティックには、ストッパーがついているため、必要以上に鼻の中にワックスが入らない仕組み。

そのため、見える部分の鼻毛だけが処理できる、というわけです。

使用前に、鼻の中をベビーオイルで保湿しておくことや、肌に合わない場合には、直ちに使用を中止するなど、使用上の注意が若干あります。

身体に直接触れるものでもあり、その辺りは、説明書をよく読んでからの使用が必須です。

とはいえ、1ヶ月に1回程度の処理でよく、処理方法としても、いたって簡単なゴッソ 鼻用脱毛ワックス。見える部分の鼻毛がしっかり処理するのにおすすめです。

※商品名 ゴッソ 鼻用脱毛ワックス(GOSSO)
・ワックス量 10回分(他に3回分などもあり)
・セット内容 ブラジリアンワックス、紙カップ×5個、専用スティック×20本、耐熱カップ、取扱説明書
・商品サイズ 85×68×125cm
・備考 国際ワックスコンソーシアム(IWC)認定商品
・JANコード/ISBNコード 4573199668017

人気の記事

  1. ポアソンキッチン あくとりブラシ K177(マーナ)
  2. 極太バズーカ寿司次郎
  3. M-クイジーン シングルポップコーンメーカー(Joseph Joseph)
  4. 北陸新幹線グッズ 木製ジグゾーパズル
  5. 超薄型・消臭インソール アートインソール(サンライフ)

アーカイブ

PAGE TOP