ケーブルやコードを判別、CABLE-ID(クレバーライン)

コードやケーブルを区別するための便利なグッズ。

ゲッ! 違うコードを抜いてしまった、そんな悲劇がなくすためのCABLE-ID。

パソコン、モニタ、プリンタ、ルーターなど、電源タップにつながれている電源コード。また、プリンタ、外付けHD、マウスなど、パソコンにつながれているUSBケーブル。

間違って抜き差しすると大きな悲劇を生む可能性がある、これらのコードやケーブルに目印として付けられるのが、CABLE-IDというタグ。

このCABLE-ID、ポリウレタン製で柔らかく、思いのままの形に曲げることができるので、ケーブルやコードに巻きつけるのも簡単。

それでいて、多少の動きや経年劣化によって外れてしまうことがない、というのが大きな特徴。

1セットに4色それぞれ2本のタグが入っているので、カラーで見分けをつけることができるほか、CABLE-ID自体にも、マーカーやペンで文字を書くこともできるので、色と文字で二重の判別が可能になり、誤ってケーブルを抜く、ということが無くなります。

ポップなカラーで見た目もスタイリッシュ、使い方によっては省エネにも。

これまでケーブルやコードを判別するためには、ビニールテープを巻いて、そこに文字を書いたり、紙製のタグなどを付けたりするのが一般的でした。

ところが、ビニールテープの場合にはコードがベタベタになってしまったり、紙の場合や時間の経過とともに文字が薄くなり、結局何だか判らなくなってしまったり、何より見た目が美しくない、という問題点がありました。

その点、CABLE-IDを使えば、鮮やかな発色のポップなカラーであるため、見た目もすっきり綺麗。

また、コードやケーブルにクルリと巻きつくので、狭い場所でも他のコードを邪魔したりすることもなく、コードやケーブル周囲がスタイリッシュに仕上がります。

さらに、CABLE-IDを上手く利用することで省エネにもなるのがポイント。というのも、どれがどのコードかが判らないと、必要のない電源も何となく抜きづらいもの。

その点、コードが判別できていれば、不要な電源をいつでも抜けるようになります。

ゴチャゴチャして何だかよくわからないコードやケーブル、これを機会に、CABLE-IDを使って見た目にも実用的にもスッキリしてみませんか?

※商品名 CABLE-ID(クレバーライン)
・サイズ 直径1×長さ12cm
・入数 8本
・カラー 2種類(白灰青赤/桃橙黄緑)
・重量 2グラム/本
・材質 ポリウレタン
・パッケージサイズ 16.5×15cm 
・生産 オランダ

人気の記事

  1. ゲル状保水剤、チュピ プラント
  2. スマート印鑑(アンディ)
  3. デスクトップファンヒーター(ディンプレックス)
  4. ワイシャツの胸ポケットありかなしか
  5. デジタルコードレス電話機 JD-AT82CE(シャープ)

アーカイブ

PAGE TOP