折り紙レジャーシート(ドッペルギャンガーアウトドア)

レジャーシート、畳めばバッグになれば便利、が実現された!

バッグの中にレジャーシートを入れて持ち運ぶ、
この手間が省ける、折り紙レジャーシート。

キャンプに、花火に、海や川などアウトドアシーズン真っ只中。これらに出掛ける際に必須なのがレジャーシート。アウトドアの際には、座ったり、荷物を置いたり、なくてはならないもの。

ところが、このレジャーシート、結構かさ張るもので、バッグなどに入れるとそれだけでパンパン、持ち運びには苦労します。

そこで考えるのは、折りたたんだレジャーシートがバッグになればよいなんてこと。そうすれば、レジャーシート1枚2役となり、荷物も減らすことができます。

それを実現したのが、折り紙レジャーシートという商品。ドッペルギャンガ-アウトドアから販売されています。

この折り紙レジャーシート、140cm×180cmとまずまずの広さ。レジャーシートとして使い終わったら、折り紙のように折って、シートの端についているボタンで留めれば、トートバッグが出来上がる。

トートバッグとしては、容量は72Lと結構なサイズ。耐荷重も約15kg、大型の荷物も運ぶことができるようになっています。

折り方次第でバッグとしての使い道も様々。
ポリエチレン製のシートだから手入れもしやすい。

折り紙レジャーシートの魅力は、単にレジャーシートがバッグになるだけではなく、そのバッグとしての仕上がり方が1つだけではなく、折り方次第で様々に変更できるというも、非常に魅力的。

これはバッグとして使用する際の留め具に、ファスナーではなく、ボタンを採用していることで実現。

例えば、高さを抑えて、底の表面積を広げて、そのまま車のトランクで使用することもできるし、もちろん、普通のトートバッグのように肩から掛けられるサイズにもできる。こども達に折り紙を悩み楽しんでもらう、という使い方もできる。

また、手入れのし易さも嬉しいところ。シート本体の素材はポリエチレン製、これがそのままバッグになるので、水洗いや天日干しなど、そのまま手入れをすることが可能。この点、布製のバッグのように、しっかりと洗濯する必要もなし。

これからの季節に活躍するレジャーシート、今年は1枚2役で便利な折り紙レジャーシート、使ってみてはいかがでしょう?

※商品名 折り紙レジャーシート(ドッペルギャンガーアウトドア)
・カラー パープル
・サイズ レジャーシート/(約)1400×1800×3mm、バッグ/(約)600×600×200mm
・収納サイズ 600×230×90mm
・重量 1.1kg(付属品含む)
・材質 本体:ポリエチレン/縁:ポリエステル/持ち手:PP/スナップボタン:ニッケル
・耐荷重 15kg(バッグ)
・付属品 取扱説明書
・JANコード/ISBNコード:4589946131130

人気の記事

  1. ビジネスマンの汗染み対策
  2. 汗染み対策必須の時期、ワイシャツはコレ。
  3. eGeeTouch スマートパッドロック
  4. SlideLock(スライドロック)(OPPO(オッポ))
  5. フォーエバー ピニンファリーナ カンビアーノ(ナプキン)

アーカイブ

PAGE TOP