スマホの絆創膏(pitamo)

iPhoneの画面が割れたとき貼る、応急処置用のフィルム。

iPhoneやスマホ、何らかの原因で落としてしまい、不幸にも画面が割れてしまった、ヒビが入ってしまった。

そんなとき、本当であれば、修理に出したり、新しいものと取り替えたりしたいところですが、修理や購入となると、何しろ高いというのが本音です。

そこで今回は、iPhoneやスマホの画面が割れてしまったときのための、応急処置用のシールをご紹介します。指先などの怪我を防止すること、割れた範囲を広げないこと、を目的としているシールです。

iPhoneやスマホの画面が割れときに貼る、応急処置用のシール「スマホの絆創膏」。

誤ってiPhoneやスマホを落としてしまい、画面が割れたり、ヒビが入ってしまったとき、注意すべき点は、割れた画面を操作して、指を切ってしまうなどの怪我をしないこと。また、割れやヒビの範囲をそれ以上に広げないことです。

その2つができるのが、スマホの絆創膏という、応急処置用の保護フィルム、pitamoから販売されています。

スマホの絆創膏は、強い粘着性を持つフィルムを、画面全体に貼ることで、割れた画面に指を触れさせないのはもちろん、割れた範囲を広げず、また、水分などからも画面を守ることもできます。

スマホの絆創膏のおすすめポイントは、
・画面全体を覆うので、割れた画面の操作による怪我の防止になること。
・側面も覆えるので、割れた範囲が広がらないこと。
・フィルムには柔軟性を持たせてあり、気泡ができにくいこと。
・実勢価格が、1,000円前後と手頃な価格であること。

割れた画面にフィルムを貼るのであれば、普通の保護フィルムでもよいじゃないか、という点は気になるところですが、実はこのスマホの絆創膏は、それらとは全く違い、割れた画面用として非常に工夫がなされています。

まず、画面全体はもちろん、側面も覆えること。通常の保護フィルムをよく見ると、画面の両端が少し余る程度に作られていることがわかります。

通常、画面が割れる場合は、角が割れることが多く、これだと角を覆うことができません。となると、割れた画面がむき出しになり、危険でもあり、また、割れた範囲が広がってしまいます。

また、通常の保護フィルムの場合、それほど粘着力が高くないため、割れた画面だと剥がれやすいものです。一方、スマホの絆創膏は、剥がれにくいように粘着力を高められています。

使えるのは、5.7インチまでのiPhoneやスマホ。

スマホの絆創膏は、機種ごとにサイズが用意されているわけではありません。5.7インチまでのものに対応、自分で手持ちのiPhoneやスマホに合わせてカットして使う方式になっています。

というのも、割れた画面に対処するためには、とにかく全面を覆う必要があります。となると、ピッタリとフィルムを合わせることが必要になります。当然、ボタンやスピーカー部分にもズレがあっては、意味が無くなります。

機種に合わせたフィルムを作ったとして、ズレがないようにピッタリ貼る、というのは実は至難の業。
そこで、自分で全体の大きさを決めてカットし、ボタン部分など必要な部分は後からくり抜く、というのが現実的、というのがメーカーが幾度も実験をして、行き着いた結論とのことで、納得です。

実際には、ペンで形をなぞってカットするラインを作れるなどの工夫もしてあります。

不幸にもiPhoneやスマホの画面が割れてしまった、けれど、買い替えや修理代も高く、もう少し使っていたい、そんなときには、スマホの絆創膏で応急処置、がおすすめです。

※商品名 スマホの絆創膏(pitamo)
・対応スマホサイズ 汎用、5.7インチまで
・対応機種 iPhnoeをはじめとした各種スマートフォン
・パッケージサイズ 約188×90×13mm
・JANコード/ISBNコード:4573255880049

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人気の記事

  1. 最高の加湿器、カドー 超音波式加湿器 HM-C610S(cado)
  2. ダニ対策シート
  3. 両面ホットプレート DPO-133(アイリスオーヤマ)
  4. サーフボードにペイントするならボードスティックス
  5. 自由自在に高機能ポケットがつけられる!
ブログランキング・にほんブログ村へ

アーカイブ

PAGE TOP