洗米器 DK-SA26 WA(象印)

自動で洗米とまではいきませんが、ハンドルを回せば米を洗える洗米器。

米を研ぐ、米を洗う。水が冷たい冬の時期や、手が荒れてしまっている方にとっては、非常に辛い作業です。かといって、お米を美味しく食べるには避けては通れません。

そこで今回ご紹介するのは、ハンドルを回すだけで簡単に米が研げる洗米器のご紹介です。スイッチ一つで自動で米研ぎとまではいきませんが、米研ぎの強い味方になってくれることは間違いありません。

ハンドルをまわせば、米を研ぐことも、すすぐこともできる洗米器。

お米を入れたボウルにフタのようにかぶせれば、あとはハンドルを回すことで、しっかりとお米を研いでくれるのが、象印から販売されている洗米器 DK-SA26 WA

お米を入れたボウルに、水を入れて、最初は2~3回ほどハンドルを回してお米を濯ぐことからスタート。次に、水を捨てて本来の研ぎの作業。10~15回、やはりハンドルを回すだけ。数回繰り返して、最後のすすぎ。

お米や水に直接触れることなく、米を研ぐことができるので、手荒れのひどい方や冬の冷たい時期の米研ぎに非常に便利なキッチングッズといえます。。

炊飯器でもシェアの高い「象印」が、研究を重ねて商品化した洗米器。

この洗米器 DK-SA26 WAは、発売元が炊飯器メーカーとしてシェアトップ3の「象印」であることも心強い点です。

どうやったら美味しいお米が炊けるのか、を常に研究しているメーカーが、米を研ぐことについても、研究を重ね発売した商品、簡単そうに見える洗米器ですが、絶妙な米の研ぎ加減が実現できるようになっています。

ご飯を美味しく炊き上げるためには、お米についた糠(ヌカ)を落とすことが必要で、そのために米を研ぐ作業が必要になります。

とはいえ、米についた糠は取らなくてもダメという一方で、逆に糠を取り過ぎても、炊き上がりが水っぽくなってしまうという、実は非常に奥が深いもの。やや糠を残す位に研ぐことで、雑味のない美味しいお米が炊けるようになっています。

その点、洗米器 DK-SA26 WAは、お米が美味しく感じられる理想の米研ぎを実現するために、米に直接触れるかくはん棒などの形状などにもこだわって作られています。

ハンドルを回すという作業はあるので、自動とまではいきませんが、ハンドルを回すだけで、簡単に理想の米研ぎが実現できる洗米器、仕事柄、直接お米や水にあまり触れたくない方や、手荒れが酷い方などにおすすめです。

洗米器 DK-SA26 WA(象印)
・サイズ 27×20×21cm
・質量 240g
・品番 DK-SA26
・洗米可能量 0.5合~10合)
・適用洗米容器サイズ 内径178mm以上かつ、外径260mm以下かつ、高さ103mm~153mm(5.5合炊き~10合炊きの炊飯器の内がま想定)
・材質 PP、POM、シリコーンゴム
・JANコード/ISBNコード:4974305209337

人気の記事

  1. gooper 3本セット(グーパー・イメージクラフト)
  2. ジェリコス ショルダーパッド バリスタナイロン
  3. サンナホルナチュラルトリートメントシャンプー
  4. 三菱電機 パーソナル保湿器 SH-JX1
  5. 特許取得の浮き具がお子様の泳ぎをサポート、ラッシュガードスーツ、スイムセーフ。

アーカイブ

PAGE TOP