携帯正座椅子 正座革命(ITO製作所)

正座するときに、足のシビレを緩和させるための補助椅子。

生活習慣も昔と変わり、正座をする機会がめっきり減りました。それでも、法事など、年に数回は正座で過ごす時間はあるものです。

正座となると、足や膝に痛みを抱えている方などにとっては、非常に辛いものです。また、正座に慣れていないと、ものの数分で足が痺れ、終わったときに立ち上がるのに苦労したりします。

そこで今回は、正座をする際に、足に掛かる負担をやらげるための補助イスをご紹介します。携帯用なので、出掛け先で正座するときには、カバンに入れておくと便利です。

正座の際に、お尻にあてて座れる補助椅子、持ち運びに便利な折りたたみ式。

正座をする前に、カバンからそっと取り出して、パッと組立てて、椅子の状態にして、お尻に当てる。
すると、長時間の正座も苦にならず、足の痛みや痺れも緩和される、というのが、携帯正座椅子 正座革命。ITO製作所から販売されています。

椅子として使用する際のサイズは20cm四方にも満たず、高さも12cmほどと、非常にコンパクト。正座の際にお尻に当てるには、ちょうどよいサイズ感。

使い終わったら、折りたたむことができて、厚みが2.5cmほどと極薄になります。重さも300gほどなので、カバンに入れて持ち運ぶにも負担になることがありません。

携帯正座椅子 正座革命のおすすめポイントは、
・正座時に座れるので、足の痛みや痺れが緩和されること。
・折りたたみ式なので、持ち運べること。
・耐荷重が約100kgと、頑丈なこと。
・正座時に背筋が伸びて、美しい姿勢が保てること。
・多少厚みのあるソファー用の生地を使用しているため、お尻へのあたりも柔らかいこと。

この正座革命、組立てたときの形が逆三角形。組立て、折りたたみ、ともに要する時間は3秒ほどと、本当に手軽に使えます。

一見すると、簡単そうな作りに見えますが、耐荷重は約100kgほどと、非常に頑丈に作られているのも特徴です。

お尻へのあたりが柔らかい、ソファー生地を採用。

こういった類の小さな天板にお尻を乗せる場合、掛かる体重によって、角の部分がお尻に食い込んでしまったりする場合もあります。

その点、この正座革命は、表面にソファーの素材となる厚みのある生地を採用。しかも、素材に金属を使っていないので、座ったときのお尻へのあたりが、非常に柔らかく、正座の時間が長くなっても問題ないように作られています。

正座時の足の痛みやしびれを防ぐ目的はもちろん、正座をしたときに背筋が伸びて、美しい姿勢が保てるという二次的効果もある正座革命。正座をする機会があるなら、用意しておいて損はなさそうです。

※商品名 携帯正座椅子 正座革命(ITO製作所)
・サイズ 17cm×19cm×12cm
・使用時サイズ 17cm×19cm×2.5cm
・重量 300g
・耐荷重 約100kg
・カラー 4種類(グレー、ブラック、モスグリーン、ワインレッド)
・JANコード/ISBNコード 4582434450096 ほか

人気の記事

  1. 動きに数学的概念を取り入れた、ちょっと変わった壁掛け時計。
  2. ダニ対策にGetダニ捕獲シート
  3. コンフォートトップ イチロー 足裏マッサージ器 コンフォートトップ
  4. 熱に強いサーフワックス
  5. ペットボトル式加湿器(プリズメイト)

アーカイブ

PAGE TOP