食品サンプルをつくるキット(ライブエンタープライズ)

食品のサンプルが自宅で作れるキット。

レストランの入り口に飾ってある、本物のメニューそっくりに作られた模型が、食品サンプル。

この食品サンプル、飲食店では昔に比べると見掛けることも少なくなりました。

一方で、合羽橋の道具街などにある食品サンプル専門店に行くと、個人の方が、購入している姿をよく見掛けます。

精度が高く、見た目が美しいこともあって、自宅に飾るという目的で購入されているようです。

そんな食品サンプルですが、今回ご紹介するのは、自宅で食品サンプルを作るためのキット。小学生のお子さんが楽しみながら学べるという、
実験的要素を含んだキットです。

クリームソーダの食品サンプルが自宅で作れるキット。

グリーンのソーダに、白いアイスクリームと赤いさくらんぼがのったクリームソーダ。

このクリームソーダの食品サンプルを作れるキットが、食品サンプルをつくるキット、ライブエンタープライズから発売されています。

キットというだけあって、必要な材料はすべて揃っており、多少の道具類を用意すれば、直ぐに作業を開始することができます。

食品サンプルをつくるキット、のおすすめポイントは、
・クリームソーダの食品サンプルが作れること。
・必要な材料が全て揃っていること。
・説明書にはイラスト入りで作り方が記載されていること。
・作り方の動画も用意されていること。
・実勢価格が、1,600円前後と手頃な価格であること。

型取りなど、本格的な作業が楽しめます。

元々、食品サンプルは、職人さんの手により、高度な技術が用いられ、丁寧に作られるものですが、それを、小学生のお子さんでも作れるようにと開発されたもの。

実際の作業工程は、簡単すぎず、かといって難し過ぎることもなく、実験的な要素を含んでいるといえ、お子さんが楽しみながら学べるようになっています。

作業にあたっては、まずは、アイスクリームやサクランボなどの原型を練りゴムで作ることから開始。

その後、寒天を使って型取りして、ロウを流し込むなど、職人さんさながらの作業が体験できます。

原型作りの際に、アイスクリームに適度にヒビ割れを入れることで、より本格的な仕上がりになります。

材料はすべて揃っていますが、コップや、割りばし、湯せんできるものなどの道具は用意する必要があります。

作業時には、一部、火やお湯を使う作業もあるので、火傷などにはくれぐれも注意が必要です。

クリームソーダの食品サンプル作り、お子さんにとっても、また大人になっても、楽しみながら学べる、貴重な時間になることは間違いなさそうです。

※商品名 食品サンプルをつくるキット(ライブエンタープライズ)
・セット内容 ミニ図鑑、顔料、ねりゴム、ろう、ジェル状のろう、アクリルアイス、さくらんぼの茎用のヒモ、寒天(コップはセットに含まれていません)
・サイズ 185×255×20mm
・JANコード/ISBNコード 4560453155406

人気の記事

  1. プラフレンドでクリスマスオーナメントを作ろう
  2. クラフトグリル(CASUSGRILL)
  3. クックフォーミー(ティファール)
  4. 自宅でも使える、自立式ハンモック(TOYMOCK)
  5. デリカタス キャリーランチボウル フラット

アーカイブ

PAGE TOP