SlideLock(スライドロック)(OPPO(オッポ))

引き戸をロックするためのグッズ。挟むだけで簡単に使えて、見た目もオシャレです。

戸の中でも、横にスライドさせるタイプものが「引き戸」と呼ばれるものです。対して、ノブを持って、手前もしくは向こう側に開けるタイプの戸が「開き戸」。

引き戸に関して、例えば、猫ちゃんなどを飼っている家庭の場合、この引き戸を開かないようにしたいときがあります。

とはいうものの、一般的な家庭用の引き戸の場合、鍵がついていない場合が多く、また、鍵がついていたとしてもいちいち掛けるのは面倒です。

そこで今回は、引き戸をロックするためのグッズをご紹介します。鍵のない引き戸でも、簡単にロックできるようになる、便利なグッズです。

隙間に挟むだけで、引き戸をロックできる「SlideLock(スライドロック)」。

引き戸と引き戸の間、もしくは、引き戸と壁の間に挟み込むことで、引き戸が簡単にロックできるというのが、SlideLock(スライドロック)という商品。OPPO(オッポ)ブランドから発売されています。

形は、横長の楕円形。素材にシリコンを使っているため、固めのゴムのような感触。

表面には滑り止め加工がしてあるため、隙間に挿し込んだ際にも、スッポリとはまって、落ちにくい仕様になっています。

挟み込む位置を高くすることで、ロックの強度が高まる仕組み。猫ちゃんなどの力では開けられないほどの強度になります。

SlideLock(スライドロック)、のおすすめポイントは、
・引き戸の隙間に挟むだけで、ロックできること。
・表面に滑り止め加工がしてあるので、落ちにくいこと。
・開き戸のドアストッパーとしても使えること。
・見た目がオシャレであること。

引き戸と引き戸の間、または、引き戸と壁の間に、挿し込んで使うものです。そのため、やはり少々の隙間は必要で、その幅は7mm~15mm。

とはいえ、一般家庭の引き戸であれば、多くは適応する範囲でしょうが、念のため、購入時に隙間の幅の確認はお忘れなく。

開き戸の通常のドアストッパーとしても使える。

このSlideLock(スライドロック)、おススメできるのが、使い道が引き戸のロックだけではなく、開き戸にも使えることにもあります。

というのも、開き戸と床に挟み込むことで、開き戸を一定の幅で空けた状態を維持できるようになります。いってみれば、ドアストッパーとしても役割を果たす、というわけです。

本体のカラーは、ピンク、オレンジ、アクア。この手の商品にありがちな、ゴツゴツした見た目とはほど遠い、オシャレなデザインなので、部屋の雰囲気を壊すことがないのも魅力的です。

引き戸をロックしたい、を実現してくれる、SlideLock(スライドロック)、おすすめです。

※商品名 SlideLock(スライドロック)(OPPO(オッポ))
・サイズ W150×D70×H20m
・素材 本体:シリコン
・重量 約75g
・カラー 3種類(ピンク、アクア、オレンジ)
・JANコード/ISBNコード 4904771108094 ほか

人気の記事

  1. 電子吸着ボード ラッケージ(キングジム)
  2. 天体観測初心者におすすめ、天体望遠鏡(屈折式・経緯台) RXA173(レイメイ藤井)
  3. ポータブル スーツ ハンガーを使ってみた。
  4. 自分で調整できるコルク製のインソール、ヒールアップサポート(モビ)
  5. 子どもの紫外線対策

アーカイブ

PAGE TOP