衣類の休息

スーツの湿気対策に、シリカゲルを使った湿気取り。

気温とともに湿度も高くなり、湿気を感じる季節になりました。仕事中に着ていたスーツも、汗や雨などで、なんとなく湿りがちです。

通常の洗濯物であれば、乾燥機に入れるなど、対処の仕方がありますが、スーツとなると、取れる手立てが限られています。

そこで今回は、スーツの湿気対策に最適な、シリカゲルを使った湿気取りをご紹介します。ハンガーに予めシートをセットしておき、そこにスーツを掛けるだけで、湿気がとれる便利な商品です。

予めハンガーにセットしておけば、掛けたスーツの湿気がとれる「衣類の休息」。

縦が47.5cm、横が33cm、厚みが0.5cmという1枚のシート。このシートをハンガーにセットしておき、その上にスーツを掛けることで、スーツの湿気が見事にとれるというのが、衣類の休息という商品。ハクヨーから発売されています。

シートの中にはシリカゲルが充填されており、このシリカゲルがスーツの湿気を吸収するという仕組み。シートもスーツもハンガーに掛けておくだけと、簡単に使える点が便利な商品です。

衣類の休息、のおすすめポイントは、
・手軽にスーツの湿気がとれること。
・繰り返し使えること。
・スーツ以外の衣類にも使えること。
・クローゼット自体の湿気対策にもなること。

湿気を吸い取らなくなったら天日干し、これで効果が戻ります。

シリカゲルは、二酸化ケイ素という物質が主原料。食品などの乾燥剤などにも使用されており、安全性の高い物質なので、安心して使えます。

シリカゲルには、表面に極々小さな穴(孔)が無数に空いており、湿気を感じるとそれを吸着する仕様。

とはいっても、無限に湿気がとれるわけではなく、やはり限界はあります。

ただ、衣類の休息には、吸収できる湿気の限界がくると、サインが出るようになっており、ブルーからピンクに変わるという色の変化でそれを教えてくれます。

ピンクに変われば、それ以上は湿気が吸い取ることができないので、衣類の休息自体を天日干し。こうすることで、効果は戻り、繰り返し使えるようになる、というわけです。

また、衣類の休息をセットしたハンガーを、クローゼットの中で使うことで、クローゼット自体の湿気とりにもなるという、副次的な効果にも期待できます。

スーツの湿気を日々しっかり取ることは、嫌なニオイの元もとることにもなります。これからの季節のスーツの湿気対策に、自宅やオフィスに1枚置いておきたい商品です。

※商品名 衣類の休息(ハクヨー)
・本体サイズ 縦47.5×横33×厚0.5cm
・重量 230g
・入数 1枚
・素材 包材:テトロン長繊維不織布
・成分 B型シリカゲル
・有効期限 半年~1年間
・生産 日本
・JANコード/ISBNコード 4995946001050

人気の記事

  1. D-STYLIST ふっくらメガたこ焼き(D-STYLIST)
  2. 電気オイル調理器 ディープフライヤー EB-RM6400A(ROOMMATE)
  3. お風呂での読書を快適にするためのラック、アメニック バスタブトレー。
  4. アボットライリー RILEY-17
  5. 鉄製フライパン、錆びにくい極シリーズ。

アーカイブ

PAGE TOP