シュードライ シューマット

玄関に置いておきたい、靴用のマット。吸水性、速乾性があります。

これから梅雨に入り雨の日が続いたとき、悩みの一つになるのが、濡れた靴がなかなか乾かないこと。

さらに、靴についた水滴で玄関が水浸しになってしまうことも、決して気持ちの良いことではありません。

そこで今回は、玄関に敷いて靴を乾かすための、靴用のマットをご紹介します。吸水性、速乾性のあるマットで、靴が早く乾くほか、玄関がビショビショにならずに済む、というメリットもあります。

濡れた靴を乗せれば、乾燥時間が早まる、靴用のマット。「シュードライ シューマット」。

玄関に敷いておき、靴が濡れてしまった場合には、その上に乗せれば、乾燥時間が早まり、かつ玄関もビシャビシャにならずに済む。

これが実現できるのが、シュードライ シューマットという、靴用のマット。Umbraブランドから発売されています。

このシュードライ シューマット、幅が約90cmと横長になっているので、通常の靴であれば4足ほど乗せられる大きさ。

マット自体に吸水性、速乾性があることに加えて、付属する2つのトレイを上手く使うことで、空気が循環させることができ、マットの底に水や泥が溜まりにくいようになっています。

シュードライ シューマット、のおすすめポイントは、
・濡れた靴の乾燥時間を早められること。
・玄関が水でビショビショになることを防げること。
・折り畳み傘を置くこともできること。
・使用しないときは、コンパクトに折りたためること。
・マット自体は洗濯機で洗えること。

靴のほか、濡れた折り畳み傘を置いておく、といった使い方もできます。

折り畳み傘はその形から、傘立てには入れづらく、かといって直置きすれば、玄関が水浸しになりますが、そういったことも防げます。

カナダ発の人気ブランド「Umbra(アンブラ)」。

もちろん、靴を乾かすには靴用乾燥機を使う、という手もあります。

ただ靴用乾燥機を使うとなると、電源をつなぐ必要があったり、乾かす作業が必要だったり、手間が掛ってしまいます。

その点、靴用マットであれば「靴が濡れた場合にはその上に乗せる」といったルールなどを作っておきさえすればよくなります。また、玄関がビチャビチャに濡れてしまうことも防げます。

この靴用マット、3つに折りたためる点も、使いやすい点の一つ。夏に入り、必要がなくなれば、折り畳んで収納しておくこともできます。重さも350gと軽量なので、移動させるのも苦になりません。

発売元は、Umbra(アンブラ)というブランド。Umbraはカナダ・トロントを拠点に、機能性とデザイン性を兼ね備えた生活用品ブランドで、北米を中心に人気になっています。

濡れた靴の乾燥を早め、玄関を水浸しにせずに済む、靴用マット、シュードライ シューマット。玄関に敷いておきたい逸品です。

※商品名 シュードライ シューマット(Umbra)
・サイズ W900×D330×D15mm
・重量 350g
・材質 ポリプロピレン、ポリエステル
・カラー チャコール
・品番 21009489149

人気の記事

  1. ボード型トランポリン バンバンボード
  2. 紫外線対策
  3. 犬用プール ぺたバス(オーエフティー)
  4. WENTWORTH WOODEN PUZZLES
  5. ラクネル ソフトパイプ入りピロー(東京西川)

アーカイブ

PAGE TOP