寝る姿勢は横向きがベスト、横向き専用枕

寝る姿勢、ベストは身体の右側を下にした横向き。

睡眠の質を高めるためには、横向きに寝るのがベスト。

腰痛、肩こり、頭痛でお悩みの方に横向き寝専用まくら

寝る姿勢といえば、仰向け、うつ伏せ、そして横向き。これらの姿勢の中で、睡眠の質を高めるとされているのが、横向き。

身体の右側を下にして、足を軽く曲げ、身体がS字になるような横向きがベストとされています。

横向きに練ることで、
・いびきが軽減される。
・腰痛持ちの方は、腰痛が軽減される。
・睡眠時無呼吸症候群の軽減
などが、横向きで寝ることのメリットとしてあげられており、深い睡眠が得られること、睡眠の質が高まることが実証されています。

また、アルツハイマー病の原因ともなる、アミロイドベータという、脳に蓄積される成分が、横向きに寝ることで除去されることが、ニューヨーク州立ストニーブルック校の研究で判明しています。

さらに、単に横向きに練るだけではなく、その姿勢も
・顔をうつむき気味にすること。
呼吸が楽になり、また、口を閉じたままの状態を維持しやすく、鼻呼吸が楽になる。
・身体の右側を下にして寝ること。
心臓が圧迫されにくく、身体全体が楽になる。
・身体の下になる右手は枕に沿え、上にある左手は少し下に置く。
・上になる左足を少し前に出すと、血管の圧迫がなくなり楽な姿勢が取れる。
などの姿勢を取ることで、身体が楽な状態で眠ることでき、
結果として、睡眠の質が一層高まるとされています。



横向きに寝るときに気をつけたいのは、重心。

横向きで寝ることで、睡眠の質を高めるという、メリットがあることを説明しました。

一方で、横向きで寝る際に気をつけたいのが、重心。

頭頂部から身体の中心を通る1本の線が出ていることを想像してみます。その重心・線が、首の当たりから曲がってしまうことで、身体に歪みが生じてしまいます。要するに首が折れてしまう状態になること。

これは、身体が左右非対称の状態になってしまうことで、骨盤の歪みなどにも影響を及ぼす可能性が指摘されています。

この重心がズレてしまう原因は、枕。高すぎたり、沈み込みすぎたりと、適切な固さを保てない枕を使用することで、折角効果が高いとされる横向きでも、身体の歪みの原因となってしまいます。

そこで、頭を適度に支え、重心を曲げない状態に維持するために、枕が大切になってきます。
腰痛、肩こり、頭痛でお悩みの方に横向き寝専用まくら



横向きに練るために開発された枕、YOKONE(ヨコネ)。

では、横向きで寝るために、どのような枕がよいのか、ということになりますが、素材や形状、すべて横向き用に作られているのが、YOKONE(ヨコネ)という枕。

横向き用枕 YOKONEは、素材にリラックスウレタンを使用。頭の重みが効率よく分散されるように作られており、固すぎず、柔らかく過ぎず、適切な固さが維持される作り。

また、その形状も、頭は当然ながら、首・肩・腕をしっかりと支えるように設計されているため、非常に楽な姿勢で寝ることができるようになっています。

眠りが浅くて、夜中に何度も目覚めてしまう方、
しっかりと眠ることができない方、
自分に合った枕が見つからない方、
横向き専用枕で、横向き寝に挑戦してみてはいかがでしょう?
腰痛、肩こり、頭痛でお悩みの方に横向き寝専用まくら



人気の記事

  1. ブラジリアンワックス
  2. 卓上型ウォーターサーバー NEWおいしさポット HWS-101(ニチネン)
  3. スマホの液晶保護、フィルムからガラスコートへ。
  4. 口コミで売れ続ける人気のシャンプー
  5. 結束テープなら、ふしぎテープ

アーカイブ

PAGE TOP