緊急簡易土のう スタンダードタイプ 10枚入り(アイリスオーヤマ)

水で膨らむ土嚢、必要なときに吸水させて使うタイプなので保管場所を取りません。

突然激しい雨に見舞われて、玄関から浸水してしまうことがあります。特に、近年は短時間に集中して雨が降ることもあり、何らかの備えをしておきたいものです。

浸水対策の一つが土嚢(どのう)です。ですが、土嚢といえば、読んで字のごとく、袋の中に土を入れて水の流れ、浸水を止めるものです。

ですが、この土嚢、よほど大きな建物など、保管場所がある所を除いては、予め準備しておくことはできません。一般の住宅や店舗などでは、到底置く場所がありません。

そこで今回は、水で膨らませるタイプの土嚢をご紹介します。

これを使えば、保管場所をさほど必要とせず、必要なときに水に浸けるだけで、土嚢としての役割を果たすようになります。20cmまでの浸水に対応するので、一般住宅や小規模店舗向けの土嚢といえます。

緊急時に水に浸ければ膨らむ土嚢、保管場所も取らず、自宅やお店などの浸水対策におすすめです。

普段はピタッとほぼ平らな状態で保管でき、ゲリラ豪富など突然必要になった際に、水に浸すだけで土嚢になるというのが、緊急簡易土のう、という商品。アイリスオーヤマから発売されています。

この緊急簡易土のう、紙オムツと同じ原理を採用。水に浸すことで、水を吸収し膨らむというもの。そういう意味では、「土」嚢というよりも「水」嚢といった方が正確かもしれません。

とはいえ、保管してある状態には110gのものが、吸水させることで約16kgの重さにもなります。保管スペースの限られた場所向けの土嚢ということができます。

緊急簡易土のう、のおすすめポイントは、
・水に5分浸すだけで土嚢になること。
・突然の豪雨など、緊急時に直ぐに使えること。
・使用前は、約110gと超軽量であること。
・保管場所がさほど必要ないこと。
・使い終わった後の処分が簡単なこと。

使い方も簡単、5分水に浸けるだけで重さ16kgの土嚢の出来上がり。20cmの高さまでの浸水に有効です。

緊急簡易土のうは、水を吸わせて使う土嚢ということで、使い方が非常に簡単なのが特徴。単に水に浸すだけで、勝手に大きく膨らんでくれます。

必要なのは水だけ。20リットルの水を貼って、そこに土嚢を浸しておけば、5分で最大サイズにまで膨らみます。

最大まで膨らませた際の厚みは約7cm、3つ重ねることで20cmの高さの浸水にまで対応できることになります(1セット10個入りです)。

使い終わったあとは、天日に2~3日干すことで水が抜けてしぼむ仕様。あとは、一般ゴミとして廃棄して完了、というわけです。

実勢価格は、10枚入りで4,000円前後と、リーズナブルな価格といったところ。

突然の雨、浸水に備えるためにも、緊急簡易土のう、1セット準備しておくと安心です。

※商品名 緊急簡易土のう スタンダードタイプ 10枚入り(アイリスオーヤマ)
・商品サイズ 使用前:幅約57×奥行約48cm/使用後:幅約55×奥行約40×高さ約7
・重量 使用前:約110g/使用後:約16kg
・材質 ポリエチレン、吸水ポリマー
・内容 10枚入
・生産 日本
・JANコード/ISBNコード 4967576166638

人気の記事

  1. ポータブルスーツハンガー
  2. ペン型スキャナー 400-SCN031(サンワダイレクト)
  3. 北陸新幹線 グッズ
  4. 歯ブラシ除菌器 ポータブルシリーズ(エセンシア)
  5. 珪藻土 傘立て(trico)

アーカイブ

PAGE TOP