保冷サラダコンテナー(サーモス)

サラダ用のお弁当箱におすすめ、もともと保冷バッグ付で、保冷剤も入れられるサラダコンテナー。

気温が高くなるにつれ、お弁当を持参している方にとって、中身の傷みが気になります。

せっかく作ったお弁当です。傷まないようにするためにも、保冷剤や保冷バッグを使って、適切に温度を管理することが大切です。

とはいえ、通常のお弁当箱を使う場合には、サイズにあった保冷バッグを探す必要があること、また保冷剤も効果的にお弁当に当たるようにセットしなければならず、意外とスムーズにはいかないものです。

そこで今回は、元々保冷バッグのついたお弁当箱をご紹介します。

これを使えば、保冷バッグを別に用意する必要も無くなります。フタに保冷剤をセットできることも魅力的なお弁当箱です。

保冷材をセットして保冷バッグに入れる、が1つで完結するお弁当箱「保冷サラダコンテナー」。

お弁当箱のサイズにピッタリと合うように作られた保冷バッグつきのお弁当箱が、保冷サラダコンテナー、という商品。サーモスから発売されています。

保冷サラダコンテナーという名の通り、サラダでもお弁当として持っていけるように作られたお弁当箱。冷やすことが必須の野菜類でもお弁当として持ち運べるようになっています。

サイズがピッタリの保冷バッグに加えて、フタの部分に保冷剤をセットできることも魅力的です。

普通のお弁当箱を使用する場合、フタの上に保冷剤を乗せることが多いようですが、これだと、気温が高いと保冷剤の効果が中まで行き渡りません。

その点、フタの下側に保冷剤を入れることで、保冷剤の効果が十分に発揮されるというわけです。

保冷サラダコンテナー、のおすすめポイントは、
・サラダなど、冷やしておきたい物用のお弁当箱であること。
・専用の保冷ポーチがついていること。
・保冷剤を入れるスペースがあること。
・ドレッシング用の容器がついていること。

ドレッシング専用容器付きで、お弁当にサラダを楽しめます。

保冷サラダコンテナーは、元々サラダ用に作られていることもあり、ドレッシングを入れるための小さな容器もついています。

また、野菜を入れるための本体容器のほか、その上に重ねて使える容器も付属。食べる直前にトッピングを和えたいときには、こちらの入れておけるようになっています。

サラダだけではなく、冷やしうどんとその具材、という使い方もできそうです。

お弁当箱用の保冷バッグも、それ単体で販売されていますが、手持ちのお弁当箱にピッタリ合うものは、なかなか見つかりづらいものです。

そういう意味では、お弁当箱、保冷バッグ、保冷剤とすべて揃った、保冷サラダコンテナー、使い勝手のよい商品であることは間違いなさそうです。

※商品名 保冷サラダコンテナー(サーモス)
・サイズ 幅14.5×奥12.5×高11.5cm(専用保冷ポーチ含まず)
・重量 0.4kg(専用保冷ポーチ含まず)
・容量 容器本体:500mL/内容器:310mL
・素材 フタ、内容器、ドレッシング容器、ドレッシング容器フタ:ポリプロピレン/容器本体:飽和ポリエステル樹脂/フタパッキン:シリコーン
・食洗機・乾燥機使用 ドレッシング容器、ドレッシング容器フタ、フタパッキンのみ可
・電子レンジ使用 不可
・付属品 保冷剤
・カラー 2種類(ピンク、ブラック)
・品番 DJR−950 ほか
・JANコード/ISBNコード 4562344367615 ほか

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人気の記事

  1. 軽い消火器、透明樹脂製・蓄圧式消火器 カルミエ CM10EP(初田製作所)
  2. デジタルフォトフレーム 8インチワイド液晶画面(KEIAN)
  3. タワー ダストボックス&サイドテーブル(山崎実業)
  4. 360度ソーラー回転ハンガー くるくるカラりん(サンコー)
  5. ハイブリット式加湿器 DKHS-351(ドウシシャ)

アーカイブ

PAGE TOP