サーフボードにペイント、自信がないなら、まずはフィンから。

ペイント用のサーフボードのフィン、塗装するための下処理をしています。

サーフボードにペイントするって結構勇気のいるものです。自信がない方は、まずはお試しでフィンへのペイントから、がおすすめです。

サーフボードにイラストや絵をペイントしたり、さらに、もっと本格的にアート作品に仕上げよう、と思っておられる方も大勢いらっしゃるとか。

ところが、大切なサーフボード、はじめてペイントするにあたっては、上手くペイントできるかどうか、今一つ自信がない、という声もよく聞きます。

そこで、おすすめしたいのが、まずはフィンにペイントしてみることです。いわゆる「フィンアート」。

写真のフィンは、「FCS-G5」でオールラウンド、センターフィンです。カラーはホワイト。さらに、ペイントの下準備としての片面はサンディング(やすりがけ)してありますので、ご購入後すぐにペイントに取りかかっていただけます。

使用するペイントペンは、鮮やかな発色が人気のボードスティックスがおすすめです。

フィンにペイントするときに気をつけたいこと、4つ。

このフィンを使用してペイントする際に気をつけたいことは4つ(ボードスティックス使用してペイントする場合)。

①サンディング(やすりがけ)してある面にペイントすること。
※両面ペイントしたい場合には、別途サンドペーパーでサンディングしてください。

②フィンの端から3ミリ程度は空けておくこと。

③失敗した場合には、綿棒やティッシュ、タオルなどに水を含ませて拭ってインクを落とします。

④インクが乾いたら、仕上にアクリルスプレーを2~3層、吹き付けます(アクリルスプレーをしないとインクが落ちてしまいますので、必須の作業です)。

いきなりサーフボードはちょっと自信がない方、まずは手始めにこのフィンを使ってペイントにトライしてみるのもよいかもしれません。

ペイント用フィンのご購入はボードスティックス公式ストアから>>

ボードスティックス公式サイトではペイントギャラリー公開中>>

ボードスティックス公式ストア

人気の記事

  1. パッと貼るだけ通気口用 ホコリとりフィルター 屋外用(東洋アルミ)
  2. ストラー(ホリエ)
  3. ダイヤ ジーンズハンガーDX(ダイヤコーポレーション)
  4. シューズベルト モデルウォーカーベルト ヌードフィッティ
  5. 脱衣所ヒーター DWC-A804-WH(ZEPAL)

アーカイブ

PAGE TOP