Panasonic ホームベーカリー SD-BMT1001

ホームベーカリーってどの位でパンが焼き上がるの?最近ではわずか1時間、というものもあります。

4、5時間は当たり前だったホームベーカリーでのパン作り。それが、わずか1時間で焼き上げることができるのが、Panasonic ホームベーカリー SD-BMT1001。

朝起きてパンの焼けるよい香りが漂っている、パン好きの方のみならず、何だか幸せな気分になります。

もちろん、美味しいパン屋さんで買ってきたパンも良いのですが、パンの醍醐味はやはり熱々の焼きたてを頬張ること。となるとホームベーカリー市場が賑わっているのも頷けます。

ところで、ホームベーカリーと使うと一体どの位の時間でパンが焼き上がるのか、というのが気になるところですが、機種によって多少のバラつきはありますが、通常の食パン1斤でやはり4、5時間といったところ。

焼き上がるまで多くの工程を必要とするパン作りですから、機械がやってくれるといってもやはりその位の時間はかかってしまいます。もちろん、タイマー機能などが搭載されているので、それを使用することで、朝でも焼きたてのパンを食べることはできます。

一方で、焼き上がりの時間を短くしたい、という声もやはり一定程度あるようで、その要望に応えたのが、パナソニックから発売されているPanasonic ホームベーカリー SD-BMT1001

この、Panasonic ホームベーカリー SD-BMT1001には「60分パンコース」という機能が搭載されており、なんと約1時間でパンが焼き上がるというから驚きです。

通常のパン作りと比べて、材料が少々多かったり、出来上がりが小さかったりと、いつも通りとはいきませんが、内蔵されているモーターを最大限利用することで、短時間調理を実現。ふと、焼きたてのパンを食べたいと思い立ったときにでも利用できるのがメリット。

もちろん、時間をかけて丁寧に焼き上げる通常のパン作り機能も搭載されています。

Panasonic ホームベーカリー SD-BMT1001は、60分パンコースという非常に短い時間でパンを焼き上げることができるという点が大きな特徴ではありますが、もちろんそれだけではなく、通常のパン作りもできるようになっています。

通常の食パンのほか、切りやすく具材を挟むのに適したサンドイッチ用食パン、中がモチモチしっとりと仕上がるもちもちパン・ド・ミ、ふんわりソフトなふんわりパン・ド・ミ、フランスパンなど、好みに応じて選べるようになっています。

最近では価格もだいぶ手頃感が出てきており、人気が再燃しているホームベーカリー。自宅で焼き立てのパンが食べたい方には、おすすめです。

※商品名 ホームベーカリー パナソニック SD-BMT1000-T
・タイプ 1斤タイプ
・消費電力(50Hz/60Hz) 430W
・サイズ 24.1×30.4×34.7cm
・重量 5.6kg
・コード長さ 1m
・機能 イースト自動投入/レーズン・ナッツ自動投入(投入時をブザーでお知らせ)/焼き色選択(濃/標準/淡)/混ぜ方選択(ふつう/粗混ぜ)/予約タイマー
・調理時間(天然酵母メニュー) 食パン:7時間/パン生地:4時間/
・調理時間(ドライイーストメニュー:すべて自動) 食パン:4時間/ソフト食パン:4時間20分/フランスパン:5時間/
・JANコード/ISBNコード:4549077193704

人気の記事

  1. 裾を簡単に調整できるピン ヘムジェム
  2. ココフセン STUDY マーク(カンミ堂)
  3. フードハガーズ(Food Huggers)
  4. ののじ ポテッとみそサ~(レーベン販売)
  5. 汗染み防止

アーカイブ

PAGE TOP