ビビーコン(ZAccessory)

防犯用のリモコン、ボタンを押せば、登録してあるスマホに通知が送れます。

ニュースを見ていると、毎日のように物騒な事件が発生しています。自分でいくら注意をしていても、事故や事件に巻き込まれてしまう可能性があることを考えると、日頃から何らかの防犯対策をしておきたいところです。

そこで今回は、防犯対策用のリモコンをご紹介します。緊急時にスマホを操作しなくても、このリモコンのボタンを押すことで、SOS情報が発信されるというもの。カバンやキーホルダーなどに付けておきたいグッズです。

リモコンのボタンを押すだけで、登録済みの相手に電話やメールが発信できる「ビビーコン」。

万が一、事件や事故に巻き込まれてしまった場合にすべきは、家族や友人、警察などにに助けを求めることです。

とはいえ、事態がが緊迫していたり、身体が動かせないなどの状況になってしまった場合には、スマートフォンのロックを解除して、電話を掛けたり、メールやLINEを打ったりすることが難しい、というのは容易に想像できます。

そこで、あらかじめ、緊急時に通知すべき相手の連絡先を登録しておくことで、ボタンを押すだけで、それらの連絡先に電話やメールを発信できるというのが、ビビーコンというリモコンタイプの防犯グッズ。ZestyAccessoryから販売されています。

ビビーコンの一番の特徴は、スマホを操作しなくても、ビビーコンのボタンを押すだけで、電話やメールによるSOS情報が発信できることにあります。

アプリを通じて、発信先も複数の登録が可能。家族、友人、警察など幾つか登録しておけば、発信しても気づかない、という可能性も大いに減らせ、まさに、防犯グッズとして、あって欲しい機能が付いているといえます。

ビビーコンのおすすめポイントは、
・ボタンを押すだけで、登録してあるスマホに電話やメールでSOS情報を送れること。
・GPSにより、位置情報が送れること。
・その場の音声を録音、そのまま送信されること。
・自分のスマホを鳴らせば、スマホをどこに置いたかがわかること。
・スマホのカメラのシャッターとしても使えること。

ボタン1つでSOS情報を発信できるといっても、気になるのはその中身です。

この点、メールで発信の場合には、GPSを使った位置情報を送信できたり、電話であれば、その場の音を自動録音したものまで送れるので、相手にとっては、何かが起きていることを充分に伝えられます。

また、発信先に自分のスマホを登録しておけば、スマホをどこに置いたか忘れた、というときにも役立ちます。

スマホの写真用のシャッターとしても使えます。

ビビーコンの面白いところは、防犯グッズとしてだけではなく、スマホでの写真撮影の際にシャッター用のリモコンとしても使えることにあります。

これだと、スマホを離れた位置に置いて写真撮影ができるほか、しかも、複数のスマホのシャッターをコントロールできるので、一度に違った角度からの写真が撮れるようになっています。

直径3.4cmという小さなサイズに、6gという軽さ。キーホルダーなどに付けておいても、全く邪魔にならないビビーコン。万一のことを考えての防犯グッズとして、おすすめです。

※商品名 ビビーコン(ZAccessory)
・サイズ 直径34mm
・カラー 全3色(黒・白・ピンク)
・重さ 6g
・通信規格 BLE4.0に準拠
・対応機種 iPhone4S/5/5s/5c/6/6 Plus、iPad 第3世代/第4世代、iPad mini/mini 2/mini 3/iPad Air/Air 2以降、およびiPod touch
・対応OS iOS8.0以降
・電池 CR2025(1年間利用可能、電池交換可能)
・認証TELEC認証済み
・JANコード/ISBNコード:4562343221932 ほか

人気の記事

  1. KABUKI KENDAMA
  2. ピットストッパー レギュラーサイズ(バイオインターナショナル)
  3. Hakuraの筆ペン(hakura-柏楽-)
  4. サーフボードにペイント、自信がないなら、まずはフィンから。
  5. 忘れ物対策タグ、FIND

アーカイブ

PAGE TOP