電気オイル調理器 ディープフライヤー EB-RM6400A(ROOMMATE)

フタ付き、の電気フライヤーなら、油が跳ねません。

家庭での人気のメニューの一つが揚げ物です。唐揚げ、とんかつ、コロッケ、ポテトフライなど、ご飯のおかずにもなり、お酒のおつまみにもなる、王道メニューです。

ただ、自宅で揚げ物をするとなると、慣れてない方にとっては、油が跳ねるが怖い、油が飛び散って汚れる、片付けが面倒などの面もあり、なかなか実行できないというのも分かります。

そこで今回は、手軽に揚げ物ができる電気フライヤーをご紹介します。とはいっても、普通の電気フライヤーと違うのは、フタをして揚げられること。ですので、油が飛び散ることもなく、周囲を汚すこともありません。

フタをしたまま、揚げ物ができる電気フライヤー「ディープフライヤー」。

揚げ物をすることに躊躇してしまう理由の多くが、油跳ねの怖さや、油が跳ねることによりコンロ周辺が汚れることです。

こういった油の問題さえなければ、揚げ物を自宅でも作りたい方におススメなのが、電気オイル調理器 ディープフライヤーという、家庭用の電気フライヤーです。

家電量販店などに行くと、様々な家庭用電気フライヤーが販売されていますが、このディープライヤーの一番の特徴は、フタをしたまま揚げ物ができること、です。

揚げている最中にもフタをしたままでOKなので、もちろん、油が跳ねる危険もなく、周囲が汚れることもなく、揚げ物をする際のストレスから解放されます。

電気オイル調理器 ディープフライヤーのおすすめポイントは、
・フタをしたまま、揚げ物ができること。
・油が跳ねる危険もなく、周囲に油が飛び散ることもないこと。
・フタはガラス窓付きなので、揚げている様子が確認できること。
・2.4Lの容量と、比較的大きめであること。
・温度がダイヤルで設定できること。

例え、電気フライヤーと使う場合でも、揚げる食材に水分が残っていたりすると、当たり前ですが、揚げている最中には、バチバチと油は跳ねます。

もちろん、食材の水分を切ったり、衣をまとわせることをしっかりすれば、その心配も減るには減りますが、油の中に食材を入れたときには、何が起こるかわからないこともあり、不安は残ります。

このディープフライヤーであれば、そもそもフタをしてしまうため、油が跳ねる危険がないというのが、非常に魅力的です。

フタにはガラス窓が設置してあるため、調理中の揚げ具合も多少は確認できるようになっています。

2.4リットルの大容量、大きめのトンカツや家族の分まで揚げられます。

家電量販店などに並ぶ一般的な電気フライヤーは、比較的、小型なものが多い印象です。

ちょっと大き目にトンカツを揚げたい、子どももいるので、唐揚げやフライドポテトを大量に揚げたい、というときには、少々不安が残ります。

その点、このディープフライヤーの容量は、2.4リットル。揚げられる量も、決して少なくはなく、家庭用としては十分なサイズといえます。

揚げ物調理の肝ともいえる温度設定は、ダイヤル式。一度合わせれば、温度を上手く保ってくれるので、その点も心配いりません。また、タイマーなども付いており、欲しい機能が付いている仕様。

フタの付いた電気フライヤー、ディープフライヤー、これまで揚げ物が、怖かった、面倒だった、という方でも、一歩踏み出すのに良さそうです。

※商品名 電気オイル調理器 ディープフライヤー EB-RM6400A(ROOMMATE)
・サイズ 約 幅26.6×奥行36.5×高23.7cm
・重量 約3.4kg(電源コード含む)
・電源 AC100V 50/60Hz
・消費電力 1300W
・鍋容量 min2000~max2400ml
・材質 PP・PC樹脂、ステンレス、ガラス
・JANコード/ISBNコード:4560481896531

人気の記事

  1. ボタンつけに便利な道具tic
  2. ゴルファーへのちょっと変わったプレゼント
  3. ボタンつけが簡単、tic、カラー4色セットがセール中
  4. サーフボードに絵を描いたらクリア処理を忘れずに。
  5. フットメジ フンデオスプレー スーパークール(グラフィコ)

アーカイブ

PAGE TOP