宅配ボックスは袋タイプがおすすめ、折りたたんで玄関に吊り下げておけます。

宅配ボックス 簡易固定 折りたたみ可能タイプ(サンワダイレクト)

家庭用の簡易式の宅配ボックスは箱型のものが主流です。

箱型でも折りたためるものもありますが、玄関前では意外と邪魔になりがちです。

そこでこのページでは、宅配ボックスでも袋タイプのものをご紹介しています。

これを使えば、折り畳んだ袋を宅配ボックスとして使えるようになります。

ドアに掛けておけば邪魔になることもなくなります。

袋タイプの宅配ボックス 置き配バッグOKIPPA。

箱型の宅配ボックスが多い中で、袋タイプのものが置き配バッグOKIPPAという商品。Yperから販売されています。

袋タイプなのでボックスというよりかは宅配袋。

商品名も置き配バッグというネーミングになっています。

宅配便など荷物がくる予定があれば、畳んだ袋をドアノブに吊り下げておきます。

すると、配達員さんが袋に荷物を入れて玄関前に置いておく。

不在時でも荷物が受け取れるというわけです。

袋はワイヤーを通して玄関先に吊り下げる仕様。ワイヤーには鍵が掛けられます。

袋の容量は最大で57リットル。2Lのペットボトルが10本以上入る大容量サイズです。

置き配バッグOKIPPAのおすすめポイント。

  • 袋タイプの宅配ボックスなので邪魔にならないこと。
  • 最大57リットルの荷物が入れられること。
  • 袋に撥水加工がなされていること。
  • アプリと連携して配達通知がスマホで受け取れること。

置き配バッグOKIPPAは畳んだ時の大きさがわずか13cm。

ボックスタイプに比べて邪魔にならないばかりか、見た目もスッキリします。

使い終わったあとの折り畳みも簡単にできるのも便利な点。

両端を持って引っ張るだけで、直ぐに元通りになります。

また、置き配バッグOKIPPAの特徴ともいえるのが、専用アプリが用意されていること。

専用アプリと手持ちのスマホを連携させることで、荷物の到着をスマホに通知される機能などが使えるようになっています。

置き配バッグOKIPPAを使うにあたっての注意点。

袋タイプの宅配ボックスとして便利な置き配バッグOKIPPAですが、使用する際には何点か注意すべきこともあります。

クール便には対応していないこと。

置き配バッグOKIPPAは常温専用の宅配ボックスです。保冷機能がありません。

そのため、冷凍や冷蔵などの荷物の受け取りには注意が必要です。

保冷機能のあるタイプの販売が待たれるところです。

盗難などの可能性があること。

袋は鍵付きのワイヤーで玄関に固定できますが、やはり盗難の可能性は否定できません。

もちろんメーカーによる保証もないのでその点には注意が必要です。

とはいっても、これは簡易式の宅配ボックスであればすべてに当てはまることです。

さほど気にしなくてよいかもしれません。

内鍵は開けたままにしておくこと。

袋に入れた荷物を守るために、袋に南京錠で鍵が掛けられる仕組みになっています。

ただし、この南京錠は配達の方が鍵を掛けるためのものです。

荷物を受け取る前に袋に鍵が掛っていると、袋が開かず荷物が入れられません。

せっかく宅配ボックスを用意しても再配達になってしまいます。注意しましょう。

受取りのサイン用はどうする?

荷物の受け取りサインが必要な場合があります。

印鑑を使用したい場合には、100円ショップなどで販売されている印鑑ホルダーを本体に取り付けておけばよいでしょう。

またネットショップや運送会社によっては「OKIPP預入希望」を伝えることで、受け取りサインが不要な所もあるようです。

その場合には印鑑も不要になります。

使用するショップや配送業者に確認してみるとよいでよう。

袋タイプの宅配ボックス 置き配バッグOKIPPAまとめ。

袋タイプの宅配ボックス 置き配バッグOKIPPAをご紹介しました。

箱型が主流の宅配ボックスの中で珍しい袋タイプ。

邪魔にならずスッキリと使える点が魅力的です。

また、専用アプリを使うことで荷物の到着がスマホで分かるのも便利。

アプリには今後も様々な便利な機能が付加されていくようです。

宅配ボックスの購入を検討しているなら、袋タイプも大いにありかもしれません。