ソルト&シュガーさらさらポット(メイダイ)

砂糖や塩が固まらない、調味料入れ。

砂糖や塩を入れるための容器、いわゆる調味料入れ。どこのご家庭のキッチンでも、コンロの横に置いてあります。

この調味料入れに関しての悩みといえば、入れてある砂糖や塩が、湿気により固まってしまうことです。

小さじ1杯だけが欲しい所に、固まりがドッサリ取れてしまうと、もうイライラ。なんていうことは多くの方が経験済みなはずです。

そこで今回は、砂糖や塩が固まらない調味料入れをご紹介します。陶器ならではの特徴を活かし、吸湿性を持たせてある調味料入れです。

砂糖や塩がいつでもサラサラの状態で使える調味料入れ。

砂糖や塩を、いつでもサラサラの状態で使えるように保存できるのが、ソルト&シュガーさらさらポット、という調味料入れ。メイダイから販売されています。

この調味料入れ、陶器でできており、その特性を活かして、砂糖や塩をサラサラの状態に保ちます。もちろん、砂糖や塩をそのまま入れておくだけで、乾燥剤などは一切不要です。

ソルト&シュガーさらさらポット、のおすすめポイントは、

・砂糖や塩がいつでもサラサラの状態で使えること。
・砂糖と塩、それぞれの特性に応じた加工が施されていること。
・密閉性があること。
・日本製であること。
・実勢価格が1,800円前後と、手頃な価格であること。

砂糖用、塩用と、それぞれに応じた違う仕掛けで、サラサラを保ちます。

実は、砂糖と塩、どちらも細かい粒子状で似たような見た目ですが、湿気に対する性質は全く異なります。

というのも、塩は湿気を嫌いますが、逆に、砂糖は適度な湿気を好みます。

となると、適切な状態を保ったまま保管するためには、それぞれに応じた工夫が必要になりますが、ソルト&シュガーさらさらポットはそれを実現しています。

まず、湿気を嫌う塩を入れる容器には、素焼きした陶器本来の吸湿性を活かした作り。容器の中の湿気を容器が吸い取る仕組み。

一方で、砂糖用の容器には、容器の内面に水分を逃がさないための加工が施してあります。

そのため、2つの容器は砂糖用と塩用と別物であるため、使用の際には注意が必要です。とはいっても、容器の表面に「Sugar」「Solt」の表記があるので、間違える心配はありません。

料理をする際に、無くてはならない調味料の筆頭格である砂糖と塩、いつでも、サラサラの状態で使うためにも、ソルト&シュガーさらさらポット、おすすめです。

※商品名 ソルト&シュガーさらさらポット(メイダイ)
・サイズ 縦9×横9×高さ10cm
・重量 ソルト用:300g/シュガー用:310g
・容量 約285ml
・材質 陶器
・製造 日本
・食器洗浄機 使用不可
・JANコード/ISBNコード 4995312113042

人気の記事

  1. 脱臭機能紙 ひとちぎり
  2. ダニの駆除に威力を発揮、ダニ捕獲シート。
  3. しっぷ貼りひとりでペッタンコ ASH-10(旭電機化成)
  4. ネジザウルスM2 PZ-57
  5. サーフボードにペイント、準備と仕上げが大切です。

アーカイブ

PAGE TOP