ニューセラミックス おひつ君

ご飯の保存に、タッパーよりもレンジ対応のおひつがおススメ。

炊き上がったご飯を保存するには、炊飯器でそのままや、プラスチック・ポリプロピレン製のタッパーに移し替えるなど、色々な方法があります。

ただ、保存したご飯を次に食べるときのことを考えると、できれば美味しい状態で保存をしておきたいものです。

そこで今回は、ご飯が美味しく保存できる「おひつ」をご紹介します。おひつといっても、昔ながらの木製のものではなく、セラミック製であることがポイントのご飯の保存容器です。

ご飯を美味しく保存するためには、「適度に」水分を保つことがポイント。それが実現できる、セラミックス製のおひつ。

ご飯の保存するための容器の一つがおひつですが、おひつというと、木でできたイメージ。

ですが、そこは現代風に素材にセラミックスを使用して作られたのが、ニューセラミックス おひつ君。東彼セラミックスから発売されている人気商品です。

セラミックス製であることで、木製に比べて耐久性もあることはもちろん、電子レンジでの加熱もOK。

しかもその際に遠赤効果も発揮するので、ご飯をより美味しい状態で食べることができます。

ニューセラミックス おひつ君、のおすすめポイントは、
・ご飯が美味しく保存できること。
・調湿性に優れたセラミックスを素材にしていること。
・電子レンジはもちろん、オーブンでも加熱できること。
・遠赤外線効果で、ご飯がより美味しくなること。

セラミックス素材の調湿性を上手く利用。

ご飯の保存によく用いられるのが、プラスチック製のタッパーです。ですが、素材がプラスチックやポリプロピレンの場合だと、水分を全く吸収しません。

そのため、表面に水滴が溜まり、電子レンジで再加熱したときには、表面のご飯が水分でベタベタしてしまうのは、皆さんご存知の通り。

炊きたてのご飯は、多少温度が下がった状態でも水分を放出し続けます。

その意味で、保存容器に求められるのは、余計な水分を吸収しつつ、乾燥させないという、適度な水分を保つこと。おひつ君の素材であるセラミックスは、それが可能というわけです。

炊飯器に入れっぱしは、ご飯の乾燥や変色の原因になります。

一方で、炊飯器でそのまま保存するというのも、あまりおススメできません。特に、保温状態のままにしておくと、ご飯の水分はどんどん抜け、さらに熱により水分がなくなるほど乾燥していきます。

炊飯器の中で保温しておいたら、ご飯がパサパサで茶色っぽくなってしまう。これもよくあることです。

セラミックスには、表面に無数のごく小さな穴があり、それにより余分な水分を吸収しつつも、乾燥は防ぐという、優れた調湿性があります。

おひつ君は、このセラミックスの調湿性をご飯の保存に上手く利用したものといえます。

またセラミックスには、遠赤外線を放射する作用もあり、それが加熱時にご飯を美味しく仕上げるという効果もあります。

もちろん、プラスチック製のタッパーに比べれば、重さや大きさは気になりますが、ご飯を美味しく保存できるなら許容範囲内といえるでしょう。

ニューセラミックス おひつ君、ご飯を保存して再加熱する機会が多い方におすすめのご飯用保存容器です。

※商品名 ニューセラミックス おひつ君(東彼セラミックス)
・サイズ 約Φ20x高さ10.5cm(蓋含む)
・重量 約1085g
・材質 ニューセラミックス
・容量 約1500cc(3合用、他に1合用あり)
・付属品 取扱い説明書
・生産 日本(有田焼)
・JANコード/ISBNコード 699234243477

人気の記事

  1. 水でお習字・セット(呉竹)
  2. 熱に強い驚異のワックス
  3. 電子ノート WG-S50(シャープ)
  4. プラフレンド
  5. 携帯型 水素水生成器 ポケット

アーカイブ

PAGE TOP