電子レンジ対応の野菜チョッパー、スープが簡単に作れます。

電子レンジ対応の野菜チョッパー、スープが簡単に作れます。

一日の終わりに飲む温かいスープは、疲れた身体も心も癒してくれます。

とはいえ、仕事を終えて、ようやく家に辿り着いたところから、野菜を切って、鍋を火にかけてなどして、スープを作るというのも、何だか億劫です。

そこで今回は、電子レンジに対応している野菜チョッパーをご紹介します。野菜を細かくできるチョッパーでありながら、そのまま電子レンジに入れられることがポイントです。

野菜をカットして、そのまま電子レンジに入れられる、スープチョッパー。

野菜を細かく刻むのに便利なのが、チョッパーといわれるキッチングッズです。チョッパーは、電動式ならボタン一つ、ハンドルならグルグル回して、野菜をみじん切りなどにするものです。

ところが、チョッパーのほとんどは、野菜を切るため専用のものであり、その後の調理については、別の鍋や容器に移し替える必要があります。

この点、使う側としては、野菜を刻んで、そのまま電子レンジに入れることができれば、使用する鍋などの調理器具も減らせ、格段に便利になります。それを実現したのが、下村企販から販売されている、SUGMOG スープチョッパーという商品です。

SUGMOG スープチョッパーは、野菜を入れて、ハンドルをグルグル回せば、野菜をみじん切りなど細かくカット。

次に、蓋とカッター刃を取り外して、水と調味料を投入して、そのまま電子レンジで加熱すれば、野菜スープが完成するというものです。

SUGMOG スープチョッパーのおすすめポイントは、
・野菜チョッパーでありながら、電子レンジ対応であること。
・容量が720mlと、たっぷりのスープが作れること。
・離乳食、介護食なども作れること。
・ハンドル式なので、電気・電池が不要なこと。
・実勢価格、2,000円前後と手頃な価格であること。

使用する際には、大きな野菜であれば、大まかにカットする必要はあるものの、時短になる上、使用する調理器具も減らせるという一石二鳥であることには変わりありません。

野菜スープのほか、離乳食や介護食にも使えます。

SUGMOG スープチョッパーは、ハンドルを回して野菜をカットするタイプ。電気を使わないので、コードなどの煩わしさもなく、使う場所も選びません。

また、素材をみじん切りにするには、ハンドルを20~30回ほど回せばよいだけなので、包丁を使うのに比べても圧倒的な時短になります。

もちろん、野菜スープ以外にも、小さなお子様がいる家庭であれば離乳食、また、高齢の方がいる家庭であれば介護食などを、少量だけ作りたいときにも便利です。

SUGMOG スープチョッパー、電子レンジを上手く活用できる野菜チョッパーとして、使う頻度が高くなりそうです。

※商品名 SUGMOG スープチョッパー(下村企販)
・サイズ 幅17×奥行12.7×高さ16cm
・刃渡り 5.2cm、
・容器 内径11.8×深さ7.5cm
・重量 262g
・満水容量 720ml
・容器耐熱温度 200℃ 
・材質 ハンドル・蓋・裏蓋:ABS樹脂(耐熱80℃)/容器:ポリメチルベンテン(TPX)/カッター刃付ホルダー・シャフト・ギア:ポリアセタール/カッター刃:ステンレス刃物鋼/すべり止め:シリコーンゴム
・生産 日本
・JANコード/ISBNコード:4957423063777

人気の記事

  1. 乾燥剤としての役割も持つ、計量スプーン CHA-SAJI(ソイル/SOIL)。
  2. ダニ対策にGetダニ捕獲シート
  3. 汗染みを防ぐ素材で作ったワイシャツ。
  4. 3Dが作れるペン、3Dドリームアーツペン。
  5. 究極のペイントペン、ボードスティックス。

アーカイブ

PAGE TOP