エコカラット ボトル乾燥スティック

水筒の中を素早く乾かすための便利なグッズ。

こうも暑いと出掛ける際には、水分補給のために水筒を持ち歩くことが必須です。水筒を持ち歩くことで、こまめな水分補給ができ、熱中症の予防にもなります。

外出先でいつでも水分補給できるという意味では便利な水筒ですが、一方で、衛生上、使い終わったらしっかり洗っておくことがも大切です。

ところが、洗ったあとの水筒は、なかなか乾かない、乾きづらいというのが悩みでもあります。

上下を逆さにして置いておいても、筒状という水筒の独特の形状から、残念なことに水分が残ってしまいます。衛生面を考えても、一度しっかりと乾燥させたいところです。

そこで今回は、水筒の中を素早く乾燥させるためのグッズをご紹介します。洗い終わった水筒の中に入れておくだけで、自然に乾燥させてくれるという、ちょっと不思議で便利なグッズです。

水筒の中を、素早くカラリと乾かす「エコカラット ボトル乾燥スティック」。

いつもと同じように洗った水筒の中に入れるだけで、水筒の中をカラリと乾かしてくれるのが、エコカラット ボトル乾燥スティック。マーナから発売されている人気商品です。

使い方も簡単。長さ22cmほどのスティック状のものを、水筒の中に入れておくだけ。特別な作業も一切不要、もちろん、水筒を逆さにする必要もありません。

エコカラット ボトル乾燥スティック、のおすすめポイントは、
・水筒の中を素早く乾かせること。
・水筒の中に入れておくだけで、特別な作業が必要ないこと。
・薬品や薬剤を使用していないこと。
・シリコンでカバーされているので、水筒の中が傷つきにくいこと。
・実勢価格が1,200円前後と、手頃な価格であること。

珪藻土の5倍の調湿力、普通に乾かすのと比べても半分以下のスピードで乾きます。

メーカー調べによると、普通に洗って水筒を逆さにした状態だと、完全に水が切れるまで約7時間。

それに比べて、この乾燥スティックを使った場合には、水筒を逆さにせずに、スティックを入れるだけで約3時間。通常の場合に比べて半分以下の時間で完全に乾燥するとのこと。

この驚異的ともいえる乾燥効果の秘密は、多孔質セラミックスというスティックの素材にあります。

エコカラットと名付けられたこの多孔質セラミックスは、その名の通り、セラミックスにごく微細な無数の穴が開けられたもの。

エコカラットには、周囲の水分を吸収し、それを放出するという性質があります。いわゆる、調湿性・調湿効果と呼ばれるものです。

調湿性といえば、近年バスマットが爆発的人気になっている珪藻土と似たイメージ。ですが、エコカラットの調湿効果は、珪藻土の5倍もあり、それがスピーディーに乾燥させることを実現しています。

スティック本体はセラミックスであるため、硬度を持ったものですが、周りはシリコンでカバーされており、水筒の中が傷つく心配がないというのも嬉しい工夫です。

水筒を衛生的に使うには、使い終わったらしっかりと洗うこと。そして、完全に水分を乾燥させること。これが、手間なく素早く実現できる、エコカラット ボトル乾燥スティック。1つあると便利であることは間違いなさそうです。

※商品名 エコカラット ボトル乾燥スティック(マーナ)
・サイズ 約27×226×11mm
・材質 本体:多孔質セラミックス/カバー:シリコーンゴム
・耐熱温度 200℃
・対応水筒 口径28mm以上の水筒
・生産 本体:日本/カバー:中国
・カラー 3種類(ホワイト、ピンク、ブルー)
・JANコード/ISBNコード 4976404268710 ほか

人気の記事

  1. ムーンスターキャロット CR C2200
  2. ボタン付けが苦手な方におすすめグッズ。
  3. 冷感タオルにプリント、オリジナル冷感タオル
  4. ハードカバーのフォトブックが手軽にできるサービス
  5. パイプチェア・クーラーバックパック(デスティネーション)

アーカイブ

PAGE TOP