水筒の中を早く乾かすグッズ、水筒の乾燥時間が入れるだけで短縮できます。

エコカラット ボトル乾燥スティック

水筒を洗った後、水が中に残っているとなかなか乾きません。

また、水筒に水分が残って濡れたままだと次に使用する際に衛生面も心配です。

そこでこのページでは、水筒の中を早くカラリと乾かすためのグッズをご紹介しています。

これを使えば、水筒に入れるだけで水分が吸収され、乾かす時間が圧倒的に短縮できるようになります。

水筒の乾燥時間を短縮できる ボトル乾燥スティック。

水筒を早く乾かすためのグッズが、エコカラット ボトル乾燥スティックという商品。

キッチンブランドのマーナから販売され、テレビでも紹介された人気の水筒の乾燥グッズです。

使い方もとても簡単。洗い終わった水筒の中に入れるだけ。

長さ22cmのスティックが水筒の中に残っている水分を吸収して乾燥させるというもの。

水筒に残った水分は、放っておくといつまで経っても乾きません。

水筒を上下逆さまにしておいても完全乾燥させるまでには約7時間(メーカー調べ)

それが約3時間で完全に乾かせるようになります。もちろん上下逆さまにする必要もありません。

乾燥時間を早めて、完全乾燥させるという便利なグッズというわけです。

エコカラット ボトル乾燥スティックのおすすめポイント。

  • 水筒の中を素早く乾かせること。
  • 水筒の中に入れてるだけと簡単に使えること。
  • 薬品や薬剤を使用していないこと。
  • 水筒の中が傷つきにくいこと。
  • 実勢価格が1,200円前後と手頃な価格であること。

エコカラット ボトル乾燥スティックの素材は多孔質セラミックスと呼ばれるもの。

セラミックスにごく小さな穴を無数に開けたもの。

これにより水分を吸収してさらに放出するという乾燥性を持たせています。

似たような性質を持つ素材が、バスマットなどで知られる珪藻土。

ただ、珪藻土と比べると乾燥性能は5倍というのが多孔質セラミックスの特徴。

これを使うことで水筒を早く乾燥させられるようになっています。

スティック本体は固いものですが、シリコンでカバーしているので水筒内部が傷つきにくいようになっています。

※商品名 エコカラット ボトル乾燥スティック(マーナ)

サイズ 約27×226×11mm
材質 本体:多孔質セラミックス/カバー:シリコーンゴム
耐熱温度 200℃
対応水筒 口径28mm以上の水筒
カラー 3種類(ホワイト、ピンク、ブルー)
カラー 3種類(ホワイト、ピンク、ブルー)
JANコード/ISBNコード 4976404268710 ほか

購入前に知っておいた方がよいこと。

水筒を早く乾燥させられるエコカラット ボトル乾燥スティックですが、購入前に知っておいた方がよいことが何点かあります。

割れる可能性があること。

多孔質セラミックス自体が固いものですが、割れる可能性のある素材です。

スティックの周囲はシリコン製のカバーで覆われていますが、落としたりすると割れることもあります。

もちろん、普通に使っている分には問題ありません。

割れる可能性のあることだけは頭に入れて使うようにしましょう。

乾燥までに多少の時間が掛かること。

水筒が乾く時間を早めることはできますが、一瞬で乾くことはありません。

珪藻土バスマットのように、足を乗せた瞬間に直ぐに乾くというイメージとは異なります。

一般的な水筒の場合で約3時間ほど。

水筒を洗い終わった後に入れておく。そうすると翌朝には中が完全に乾いている。

そういった使い方がベストの商品です。

500mlのペットボトルには使えないこと。

水筒を乾燥させられるなら、ペットボトルの乾燥にも使えると思いがちです。

ところが残念ながら500mlのペットボトルの乾燥には使えません。

というのもボトル乾燥スティックが使えるのは、飲み口が2.8cm以上のもの。

中に入れるため口径が2.8cmは必要になります。

一般的な500mlペットボトルの口径は2cmちょっと。入れることができません。

もう少し細いタイプのものが販売されるのを期待したいところです。

水筒の内側の汚れを落としたいなら マイボトル洗浄機

ここまで水筒の中を早く乾かしたいときのための、ボトル乾燥水ティックをご紹介してきました。

水筒の内側に付いた茶渋やコーヒーなどの着色汚れを落としたいときに便利なのが、サーモスから販売されているマイボトル洗浄機です。

 

スイッチを押すだけでわずか3分で内側についた頑固な汚れを剥がして落としてくれます。

水筒の中の汚れが気になる方はマイボトル洗浄機を使ってみるのも一つの方法です。

水筒の内側の汚れが落ちないときに試したい、 水筒用の汚れ落とし洗浄機。
サーモス マイボトル洗浄器 APA-800 水筒の中の汚れを落としたい!こびりついた汚れが落ちないときに便利な水筒用の洗浄機。

水筒の中を早く乾かすグッズ まとめ。

水筒を早く乾かすためのグッズ、エコカラット ボトル乾燥スティックをご紹介しました。

水筒を衛生的に使うためには、使い終わったらしっかりと洗うこと。

そして完全に水分を乾燥させること。

ところが水筒に残った水分を完全に乾かすには相当な時間が掛ります。

エコカラット ボトル乾燥スティックを使えば、乾燥時間が早まり、しかも完全に乾燥させられます。

毎日水筒を使っている方にはおすすめの商品です。