読書用枕。

読書用の枕、寝ながら本を読むのに最適な姿勢がとれる。

寝る前に本を読む方におすすめ、
「枕職人が作った本を読むための枕」。

就寝前の読書が楽しみ、という方におすすめなのが、枕職人が作った本を読むための枕。布団をもっと楽しくかっこよく、がコンセプトの寝具メーカー、エムールから販売されています。

寝る前にベッドや布団に入って本を読むときのちょっとした悩みといえば、その姿勢や本や腕の位置。

うつ伏せで本を読むとなると、無理のない姿勢を取るために、枕を折り曲げて高さを調節。これは折角の枕を傷めてしまう原因。

完全に横向きで読むとなると、目線と本の位置を合わせるのに、腕を持ち上げておく必要があり、疲れや痺れの原因。

これらの寝ながら本を読むときの悩みを解消させるために作られた枕、読書好きの方にとって強い味方になる枕、というわけです。

枕の長さが通常の約1.5倍と非常に横長。この内、1/3の所で折れるようになっており、その部分にうつぶせの場合には上半身を、横向きの場合には頭を乗せることで、読書に最適な姿勢を保てるようになっています。

また、さらに高さの調整が必要な場合に備えて、表側にタオルなどが入れられるポケットが付いており、より自分好みに微調整ができる仕様。

機能性だけではなく、枕としても本格派。

枕職人が作った本を読むための枕は、その機能性が注目されがちですが、枕そのものの品質も非常に高いのも特徴。

商品名の通り、職人さんによる設計製造、頸椎から頭部にかけてしっかりとフィットする作り。素材にもこだわり、生産も日本製というのも信頼に値するところ。

唯一、使用上の注意点があるとすれば、高い位置に頭を置いたまま、寝てしまわないこと。要は、寝落ちしなこと。起きたときに首が痛くなります。

就寝前の読書という、至福の時間をより快適にするための、本を読むための枕、読書好きの方へのプレゼントとしてもよいかもしれません。

※商品名 枕職人が作った本を読むための枕(エムール)
・サイズ タテ35×ヨコ95cm
・素材 外側地:T/Cブロード/中袋 :ポリエステル高密度タフタ/詰めもの:ポリエチレンパイプ・ポリエステル(クリスター)
・製造 日本

人気の記事

  1. フレッシュマックスは綿100%
  2. 真空パック器 Piccola(ピッコラ)
  3. グラスデコ セット14カラー入(ヤマト)
  4. 折り紙レジャーシート(ドッペルギャンガーアウトドア)
  5. nemonic(ネモニック)

アーカイブ

PAGE TOP