ハイドロフラスク ステンレスボトル 32oz Growler(Hydro Flask)

炭酸水を入れられる水筒、外出先でビールや炭酸水が飲めるようになります。

一般的な水筒の多くは、炭酸系の飲み物を入れることができません。これは、密閉性の問題などが理由です。

ですが、これから暑くなる季節、出掛け先でビールや炭酸水を飲みたくなることも多いはず。

そこで今回は、炭酸水やビールを入れられる水筒をご紹介します。

これを使えば、ビールや炭酸水、コーラを水筒に入れて持ち運べるようになります。もちろん、保冷効果も抜群なので、出掛け先で冷えたビールを飲む、ということもできるようになります。

炭酸水やビールが入れられる水筒「ハイドロフラスク ステンレスボトル 32oz Growler」。

容器の密閉性を高めるなどの工夫を施すことで、炭酸水やビールを入れられるようにした水筒が、ハイドロフラスク ステンレスボトル 32oz Growler、という商品。アメリカのHydro Flask(ハイドロフラスク)ブランドから発売されています。

この水筒、元々、量り売りのビールを持ち帰るための容器として使われている「Growler」が商品名。まさに、ビールや炭酸水を入れるために開発された水筒です。

容量は946mlとたっぷり入るサイズ。暑い中、ビールや炭酸水をゴクゴク飲みたいときにも安心の大容量です。

ハイドロフラスク ステンレスボトル 32oz Growle、のおすすめポイントは、
・ビールやコーラ、炭酸水が入れられる水筒であること。
・保冷は24時間、保温は6時間と効果が持続すること。
・ハンドルつきで、持ちやすいこと。
・約950mmと大容量であること。

例えば、野球やサッカー観戦などで訪れる球場やスタジアムや、テーマパークは、瓶やペットボトルの持ち込みが禁止の所が大多数です。

そうなると、飲むときにその都度購入する必要があり、しかもそういった所は大抵少々お高め。

その点、この水筒を使うことで、ビールや炭酸水が持ち込めるようになり、しかも、コストを抑えられるようになります。

保冷や保温効果も抜群、保冷効果は最大で24時間持続します。

いくら炭酸水やビールが入れられる水筒といっても、保冷効果がなければ、意味がありません。ぬるくなったビールは、とても飲めたものではありません。

この水筒は、その点も安心です。本体容器の素材にはステンレス鋼を使用。

しかも、二重構造で真空断熱効果のある作りになっているので、最大で24時間も保冷効果が持続します。

本体はハンドル付きなので、持ち運びやすいのも特徴。

また、人体へ悪影響のない素材だけを使用した、BPAフリー商品。表面には独自のパウダー加工をすることで、滑りにくくしているなど、使う人のことを考えた工夫が施されています。

これから暑くなるにつれて、アウトドア、キャンプ、バーベキュー、スポーツ観戦など、外出先で炭酸水やビールが飲みたくなります。それが実現できる、ハイドロフラスク ステンレスボトル 32oz Growler、おすすめです。

※商品名 ハイドロフラスク ステンレスボトル 32oz Growler(Hydro Flask)
・容量 946ml
・口径 58mm
・本体サイズ 91mm×240mm
・重量 485g
・素材 本体:18/8ステンレス鋼(印刷鋼板)/フタ:ポリプロピレン/パッキン:シリコン/ハンドル:ポリプロピレン
・カラー 4種類(White、Pacific、Graphite、Black)

人気の記事

  1. Kunkun body
  2. ハンディエアポンプmini(サンコー)
  3. 謹製 釜炊き三昧 3合炊き(ウルシヤマ金属)
  4. イージーペイントローラー(ホクシン交易)
  5. まとめて返せる両面焼き たこ焼き合戦(アーネスト)

アーカイブ

PAGE TOP