ハンディプリンター(リコー)

手に持つプリンター、手に持って印刷面に当てるので、用紙を問わずどこでも印刷できるようなります。

通常、プリンターというと、プリンター本体に用紙をセットして文字や画像を印刷するものです。言い換えれば、プリンターは固定して使うものです。

ただ、印刷したい用紙の中には、プリンターにセットできないものがあります。

例えば、定型外の用紙や、変わった形の紙、祝儀袋や熨斗(のし)紙などがそれに当たります。

そこで今回は、そういった用紙などに、直接当てて印刷することのできる特殊なプリンターをご紹介します。

これを使えば、通常のプリンターでは印刷できない用紙でも、プリンターを持って直接当てることで、簡単に印刷ができるようになります。

手に持って使うプリンター、印刷面に当てて動かせば文字や画像がプリントできる「ハンディプリンター」。

これまでの一般的なプリンターと異なり、プリンター本体を手に持って、印刷面に当てて動かすことで、文字や画像が印刷できるというのが、ハンディプリンター、という商品。リコーから発売されています。

通常のプリンターにセットできない用紙でも、ハンディプリンターを持って印刷面に当てることで印刷できるというわけです。

祝儀袋や熨斗紙、変わった形に切り抜かれた用紙などはもちろん、一度印刷した名刺に追加でプリントしたい場合など、使用用途は様々です。

また、ハンディということで、本体はわずか315gと軽量で、もちろんコンパクト。楽に持ち運べるので、いつでもどこでも印刷ができるようになる、というわけです。

ハンディプリンター、のおすすめポイントは、
・印刷面に直接当てて使うプリンターであること。
・軽量でコンパクトで扱いやすいこと。
・文字や画像、QRコードなどが印刷できること。
・印刷を開始する位置などがガイドされていること。
・充電式なので、コード類のわずらわしさがないこと。

操作も簡単、スマホやパソコンの専用アプリでデザインを決めたら、あとはハンディプリンターを動かすだけ。

このハンディプリンターは、文字はもちろん、画像も印刷できる仕様。QRコードやJANコードなども印刷可能。

段ボールにも印刷できる(対応外の段ボールもあり)ので、JANコードを印刷することもできます。

印刷する素材の編集や管理は、スマホやパソコン用の専用アプリを使う仕様。アプリ上で編集、操作、それをハンディプリンターで印刷、という流れになっています。

プリンターは、充電式。使用時に電源コードなどをつなぐ必要も無く、スッキリと使えます。

フル充電で2時間程度は連続で使えるので、業務用としても充分なバッテリー容量といえます。

用紙のサイズを問わず、いつでもどこでも印刷ができる、ハンディプリンター。使い道は、無限に広がりそうです。

※商品名 ハンディプリンター(リコー)
・本体サイズ 46×121×81㎜
・重量 315g(インクカートリッジ含む)
・印字方式 インクジェット方式
・操作速度 30~400㎜/秒
・印字領域 テキスト:13.5×594㎜/画像:182×127㎜
・解像度 600×600dpi
・対応バーコード Android専用アプリケーション:QRコード/Windows®専用アプリケーション:QRコード、JAN、CODE39, CODE128、NW-7、ITF
・インターフェース microUSB:USB2.0*5、Bluetooth
・消費電力 印字中:最大9.3W/待機時:最大3.9W
・ウォームアップタイム 電源投入時:8.3 秒以下*6
・バッテリー駆動時間 連続駆動時間:2時間(フル充電時)
・待機継続時間 3.5時間
・充電時間 約4時間
・電源 リチウムイオンバッテリー(内蔵)
・本体耐久 3年または走行距離50Km
・使用環境 温度:15~32℃/湿度:20~80% (非結露)
・非使用時環境 温度:1~40℃/湿度:15~90% (非結露)
・本体同梱品 インクカートリッジ ( 約320枚程度印字可能)、かんたんセットアップマニュアル/安全上のご注意 (保証書含む)
・本体カラー 3種類(ホワイト、ブラック、レッド)
・JANコード/ISBNコード 4961311938375 ほか

人気の記事

  1. ニンブル フィンガーカッター
  2. 早く冷ませる 離乳食クーラー(マーナ)
  3. 鍵をスマホで開け閉めできる キュリオ スマート ロック Q SL1(Qrio Smart Lock)
  4. 高校生の自宅学習をサポートしてくれる、受験サプリ
  5. 夏でも困らないサーフワックス

アーカイブ

PAGE TOP