防犯リュック、ファスナーが見えないので開けられるのを防ぎます。

防犯バッグ ESCODE バックパック(エレコム)

リュックを背負っててファスナーが開けられてしまうのが心配です。簡単に開けられない防犯リュックがあれば知りたいです。

そういうご質問にお答えします。

知らないうちに背中のリュックのファスナーを開けられて盗難にあってしまう。

考えたくないことですが、混雑する電車の中などではありうる話です。

これは、ファスナーが開けてくださいとばかりに見えることが原因の一つです。

そこでこのページでは、ファスナーが見えないリュックをご紹介しています。

これを使えば、至近距離からでもファスナーが見えにくいので簡単に開けられることがなくなりますよ。

ファスナーが隠れているリュック 防犯バッグESCODE。

ファスナーが外から見えないリュックが、防犯バッグ ESCODEバックパックという商品。エレコムから発売されています。

本商品は、後ろから見るとファスナーが見えない構造。

盗難犯にとってはどこにファスナーがあるかが分からない状態。

混雑した場所で築かないうちに短時間でリュックが開けらてしまうことが防げるリュックというわけです。

また、ファスナーが見えないだけではなく、メインポケットには南京錠を掛けることもできます。

リング式のファスナーが2つあり、リング部分を重ねてそこに南京錠を通せるようになっています。

防犯バッグESCODEのおすすめポイント。

  • ファスナーが外から見えないこと。
  • 防刃性能を持つ生地を使用していること。
  • リング形状に南京錠を掛けられること。
  • ノートパソコンを収納できること。
  • 12個のポケットつきで収納しやすいこと。

防犯バッグESCODEの防犯性能はファスナー関連だけではありません。

ナイフやカッターなどで切れない防刃仕様になっています。

というのも、リュックを構成する生地は5層。そのうち1層に防刃生地を採用。

背後からナイフやカッターで切られて中身を盗まれるといった心配もありません。

リュック本来の機能としても使いやすさを追及された作りになっています。

例えば、収納ポケットは全部で12個。入れるもの大きさに応じて細かく分けて入れられるようになっています。

ノートパソコンを入れるポケットは周囲に衝撃から守るための素材に覆われています。

背中の部分は、背負ったときに蒸れや暑さを感じにくい構造で通気性のよい素材も使用されています。

商品名 防犯バッグ ESCODE バックパック(エレコム)
バッグタイプ バックパック
外形サイズ 約幅335×奥行220×高さ450mm(取手、ショルダーベルト含まず)
PC収納部の内寸サイズ 約幅315×奥行28×高さ235mm(13.3インチのパソコンまで)
重さ 約1190g
ポケット数 天面隠しファスナーポケット、メイン収納部(内側:ファスナーポケット、小物ポケット×4)、PC収納部(小物ポケット1、13.3インチPC収納ポケット)、側面ファスナーポケット×2、背面ファスナーポケット×2
主材質 ポリエステル
カラー 3種類(ナイトブラック、アッシュグリーン、スモークネイビー)
品番 BM-ESBP01BK ほか
JANコード/ISBNコード 4549550116176 ほか

防犯バッグESCODEの口コミ・レビューは?

ファスナーが見えない、簡単には切られないリュック、防犯バッグESCODEは非常に魅力的です。

ただ、実際に気になるのは実際に使った方の評判や感想です。

購入して良かったという方も、イマイチだったという方もどちらもいらっしゃいました。

満足された方は、耐久性や丈夫さ、防犯性能に対して評価が高いようです。

反対にイマイチだったという方の指摘で目立ったのが容量の少なさ。

外見と比較すると中に入れられる量が少ないという声が目立ちました。

リュックの容量は人それぞれで異なるため、こうした意見を参考して選ぶようにしましょう。

良いけど中が少し狭いです。
形状と生地の厚みで外形寸法に対して中が狭く感じます。思っていたより物が入りません。
雨に降られて濡れたこともあったが水が浸み込むことはなかった点は満足です。
背負っていて肩が疲れにくいです。ただ、ちょっと収納が少なく私の場合はパンパンな状態です。
メッセンジャーバッグとしては重めだし、外寸に比べて内部は小さいので注意が執拗かもしれません。
私にとっては理想的なカバンでした。
防犯性と使いやすさのバランスが良く考えたバッグです。質感やデザイン性、大きさも程よく、今の所欠点が見当たらりません。
もう少し容量が多いとなおよいです。
全体的に丈夫な作りです。カッターナイフなどの耐刃性があるためか、触った感覚は少し固いです。すぐダメになることもなさそうなバッグです。
ただ、思ったより物が入れられません。

ファスナーが見えないリュック 防犯バッグESCODE まとめ。

後ろからファスナーが見えない構造になっているリュック、防犯バッグESCODEをご紹介しました。

リュックを背負っていると、特に混雑した場所では開けられるんじゃないかという不安が常につきまといます。

そういう不安を抱え続けるのであれば、本商品のような防犯性能のあるリュックにするのも一つの方法です。

ファスナーが見えない。ナイフで切れない。

これら2つの性能はリュックの防犯対策としては完全とまではいきませんが、通常のリュックに比べて格段に安心です。

リュックを不安を抱えながら背負っているならば、防波・防刃性能のついた防犯バッグESCODE、おすすめです。