サーフボードへのペイント

サーフボードへのペイントは意外と簡単。

サーフボードへのペイント、やり方は意外と簡単。準備と仕上げがコツです。

買ったばかりのサーフボード、また長らく使っている愛着のあるサーフボード、どちらにも想いを込めてペイントしたり、イラストを描いたりする方が増えてきています。

いずれにしても大切なボード、ペイントするなら綺麗に仕上げたいものです。ということで、準備から仕上げまでをザックリご説明します。

まず、準備するものは、もちろんサーフボードとペンですが、それ以外に、サンドペーパーと水性のアクリルスプレーです。

サンドペーパーは200番手位のものがおすすめです。

まず、サーフボードのペイントする面のワックスや汚れを綺麗に落とします。

ワックスや汚れ・ゴミなどが付着しているとせっかく描いたインクがワックスやゴミなどとともに剥がれることがあり、そこだけポツンと穴が開くようになってしまいます。

次に、サンドペーパーで軽く磨きます。この作業をせずにダイレクトにペイントすると、ツルツルの状態の所にインクを載せることになり、これも剥がれ落ちる原因となります。ですので、多少のザラ付き感を持たせたところにインクをのせる、とうことになります。

ここで準備が完了です。想い想いにペイントしてください。
※使用するペンはサーフボードにペイントするために作られたペン、ボードスティックスがおすすめです。

書き終わったら、インクが乾くのを待ってから仕上げの透明のアクリルスプレーをかけます。

アクリルスプレーをかける際には、全体にムラなくかけること。そのために、ボードから30~40cm距離を置いてスプレーするのがコツです。

このアクリルスプレー、書いた絵を長持ちさせるために、2~3層(回)かけるのがポイント。一度だけだとインクが剥がれ落ちる原因にもなるので、面倒でも数回かけるようにしましょう。

アクリルスプレーが完全に乾ききったら完成です。

注意したいのは、インクやスプレーの乾燥時間を早めるために、ドライヤーなどの高熱の風を当てたくなりますが、ボードを痛める原因となりますので、そこはせいぜい扇風機などにしておきましょう。

ぜひ、お気に入りのサーフボードに想い想いのペイント楽しみましょう。

ちなみに、使用するペンは、サーフボードにペイントするために作られたペン、ボードスティックスがおすすめです。

ボードスティックス公式サイトでは、サーフボードにペイントしたものをギャラリー形式で公開しています。併せてご覧ください。

ペイントギャリーなどボードスティックス情報満載 公式サイトはこちらから>>
ボードスティックスのご購入はこちらから>>

ボードスティックス公式ストア

人気の記事

  1. 家庭用スキャナとして最適、ScanSnap iX100 FI-IX100A
  2. 笑っていいともでticが紹介されました
  3. 特許取得の浮き具がお子様の泳ぎをサポート、ラッシュガードスーツ、スイムセーフ。
  4. ジュラシックショコラ パズル(マキィズ)
  5. 家庭で強い火力を実現したガスコンロ、Vamo(バーモ)

アーカイブ

PAGE TOP