ボンド 裁ほう上手(ボンド)

裾上げが簡単にできる、布用の接着剤。

ジーンズを購入する際に、裾上げが必要であれば、購入したそのお店で裾上げをしてもらうのが普通です。

ところが、家に帰ってそのジーンズを履いてみると、まだちょっと長かった、なんていうこともあります。もう一度購入したお店に持って行くのは面倒、しかも、裁縫は苦手、さて、どうしよう、ということになります。

今回ご紹介するのは、ミシンが使えず、裁縫も得意ではないという方でも、簡単に裾上げができる、布用の接着剤をご紹介します。もちろん、ジーンズ以外の布製品にも使えるので、汎用性の高い接着剤です。

布と布をくっつけるための接着剤、裾上げも簡単にできる、ボンド 裁ほう上手。

普通のボンドや接着剤のように、貼り合わせたい箇所に塗って、アイロンをあてるだけで、布と布がくっつくというのが、ボンド 裁ほう上手、という布用接着剤。木工用ボンドでおなじみのコニシから販売されている人気商品です。

これまで、布と布や、生地と生地を接着させるためには、ミシンや、針と糸を使って縫い付けていたものが、ボンド・接着剤で済ませられるという、裁縫が苦手や面倒な方にとっては、夢のようなアイテムです。

ボンド 裁ほう上手、おすすめポイントは、
・針、糸を使わずに、布同士を接着できること。
・ボンド用に塗って、アイロンを当てるだけと、使い方も簡単なこと。
・接着後も、洗濯やドライクリーニングができること。
・作業のヘラが付属していること。
・裾上げ以外にも、様々な用途に使えること。

アイロンをあてる時間は約15秒、あっという間に裾上げができてしまいます。

このボンド 裁ほう上手、商品化には手芸に詳しい女性で編成されたチームも参加しており、単に、布同士を接着させるだけではなく、使いやすさも追求されているのが特徴です。

例えば、作業に掛かる時間は、接着剤を塗る時間とアイロンをあてる時間の合計、ということになりますが、アイロンをあてる時間は、わずか15秒~20秒程度。後は、温度が下がるまで待つだけなので、あっという間に、作業が完了してしまいます。

また、接着剤をムラなく塗るために、購入時にはヘラも付属してくるので、別途自宅で用意する道具類も一切ないので、裁ほう上手が手元にあれば、思い立ったときに作業が始められます。

素材には、コニシが独自開発した樹脂を使用。無色透明なので、万一接着剤がはみ出してしまったとちしても、目立ちません。

さらに、気になるのが接着剤を使ったものが、洗濯に耐えられるかどうか。

この点についても、一般的な洗濯方法のほか、ドライクリーニングにも耐えられるという、文句のつけどころのない商品と言えます。

もちろん、ズボンの裾上げのほか、ワッペンや名札やリボンをつけたり、小物を作ったりと、布同士を接着させるのであれば、様々な用途に使えるので、裁縫が苦手な方、面倒な方は、1つ手元に置いておくとよいかもしれません。

※商品名 ボンド 裁ほう上手(コニシ)
・内容量 45g
・種類 水性形接着剤
・色調 半透明
・成分 シリル化ウレタン樹脂、水
・パッケージサイズ 205×80×30mm
・JANコード/ISBNコード:4901490053711

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人気の記事

  1. ボードスティックス ペイントペン
  2. 電子ルーペ 400-CAM047(サンワサプライ)
  3. 折り畳みドアハンガースマート
  4. 電気ホットストール(ツインバード工業)
  5. たためるシリコン洗い桶
ブログランキング・にほんブログ村へ

アーカイブ

PAGE TOP