2Wayハサミ ハコアケ(コクヨ)

カッターにもなるハサミ、1本でハサミとしても、カッターとしても使えます。

モノを切るときに使うものといえば、ハサミかカッターです。

このハサミとカッターを、切る対象やその切り方によって使い分けるのが一般的です。

ところが、今回ご紹介するのは、カッターにもなるハサミ、1本でカッターとしても、ハサミとしても、どちらでも使えるという1台2役の便利な商品です。

ハサミの先端からカッター刃が出る、カッターとしても使えるハサミ「ハコアケ」。

見た目は、ごく普通のハサミのように見えるものの、実は、ハサミの先端からカッター刃が出せる構造になっているのが、ハコアケというハサミ。コクヨから販売されています。

言ってみれば、ハサミとしても、カッターとしても使えるという1本2役の商品。ハコアケがあれば、わざわざハサミとカッターを持ち替える必要がなく、1本で双方の役目を果たしてくれます。

ハコアケのおすすめポイントは、
・ハサミとしても、カッターとしても使えること。
・簡単な操作で、ハサミとカッターを切り替えられること。
・ハサミにテープの糊跡がつきにくいこと。
・安全のために、キャップがついていること。
・実勢価格が700円前後と、手頃な価格であること。

このハコアケ、ハサミとカッターの双方が必要になりがちな、段ボールの開封時に便利なように作られた商品。箱開け(ハコアケ)という商品名もそこから名付けられたもの。

段ボール外側の紐状のバンドルは、ハサミを使って切断。フタとして綴じてあるガムテープ部分はカッターで切ることが、ハコアケ1本でできてしまう、というわけです。

使い方も簡単、スイッチを押しながら、ハサミのハンドルを握れば、先端からカッター刃が現れます。

ハコアケを、ハサミの状態からカッターとして使うための操作も、非常に簡単。複雑な操作も必要ありません。

まず、ハサミ中央部のスイッチをスライドさせて、カッターモードに。後は、ハサミのハンドル部分を握ることで、先端からカッター刃が出ます。

出てくるカッター刃は最大で約1mmと短め。もちろん、刃なので取り扱いに注意は必要ですが、それほど危険性のない作りになっています。

また、ハサミでテープを切った際に、糊跡が付いてしまうことを防ぐための工夫もなされています。

というのも、テープを切る際でも、テープとハサミの接する面積が極小さくなるように、3Dグルーレス構造という特殊な構造を採用。テープを切ってもベタベタと糊跡が残りません。

ハサミとカッターの1本2役。箱を開ける際以外にも、様々な場面で活躍してくれそうです。

※商品名 2Wayハサミ ハコアケ(コクヨ)
・カラー 2種類(ブルー、ピンク)、ほかに限定色有り。
・本体サイズ 全長177×幅72mm
・刃渡り寸法 65mm
・板厚 1.5mm
・刃タイプ グルーレス
・素材 刃部:ステンレス/ハンドル部:ABS/リング部:エラストマー/スイッチ部:ポリアセタール/キャップ:ポリプロピレン
・JANコード/ISBNコード 4901480330594 ほか

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人気の記事

  1. 3Dペン 3Doodler create(ナカバヤシ)
  2. 窓拭きお掃除ロボット「WINDY」(サンコー)
  3. ひんやりタオルなら、衣服が濡れないCCTタオルがおすすめ。
  4. おそうじブラシかきとーるF BA669(アズマ工業)
  5. サーフィン オリンピック
ブログランキング・にほんブログ村へ

アーカイブ

PAGE TOP