おりょうりケトル ちょいなべ(シロカ)

調理もできる電気ケトルは一人暮らしにおすすめ、ラーメンやうどんも作れます。

電気ケトルといえば、お湯を沸かすための調理家電です。コーヒーを飲んだり、カップラーメンにお湯を入れたり、直ぐに熱いお湯が沸かせるので便利です。

とはいえ、一般的な電気ケトルは、お湯を沸かすためだけのものですが、ちょっとした調理ができれば、何かと便利であることは間違いありません。

そこで今回は、電気ケトルのような仕様ながら、鍋がついて、ちょっとした調理ができる電気ケトルをご紹介します。

これを使えば、お湯を沸かすだけではなく、ラーメンやうどんを作ったり、食材をテーブル上で温めたりできるようになります。

鍋のように使えるので、ちょっとした調理もできる電気ケトル「おりょうりケトル ちょいなべ」。

お湯を沸かすだけではなく、ラーメンやうどんなどの調理のできる電気ケトルが、おりょうりケトル ちょいなべ、という商品。シロカよりまもなく発売されます。

このおりょうりケトル ちょいなべ、一般的な電気ケトルと異なり、鍋がついた珍しいタイプの電気ケトル。

温度は、40℃から100℃までの間で設定が可能。お湯を沸かすのはもちろん、調理するものに応じて設定温度を変えることができます。

おりょうりケトル ちょいなべ、のおすすめポイントは、
・ヒーター部分と鍋部分が着脱できること。
・鍋部分が丸洗いできること。
・40℃~100℃で温度調節できること。
・安全に使えるための工夫が施されていること。

容量は、1Lと、お湯を沸かすのはもちろん、一人暮らしであれば、ラーメンやうどんを作るにも十分なサイズといえます。

鍋の部分は取り外し可能、丸ごと洗えるので衛生的に使えます。

おりょうりケトル ちょいなべの最大の特徴は、ヒーターの部分と鍋の部分を着脱させられること。

キッチンで鍋に食材を入れて、テーブルに移動させることができ、もちろん、使い終わったあとの手入れも、鍋の部分だけを丸洗いすることができるので衛生的に使えます。

熱を使うものだけあって、安全性にも配慮がなされ、様々な工夫がなされています。

例えば、フタはロックすることができたり、うっかりつけっ放しにしてしまったときのために、切り忘れ防止や空焚き防止の機能もついており、安心して使うことができます。

電気ケトルも、現在では様々なタイプが発売されています。特に、一人暮らしの方など、簡単な調理もできたら便利というのであれば、おりょうりケトル ちょいなべ、おすすめです。

※商品名 おりょうりケトル ちょいなべ(シロカ)
・付属品 ケトル、蓋、取扱説明書(保証書)
・容量 1.0L
・サイズ 幅28.2×奥行18.2×高さ18.3cm
・重量 約1.8kg
・消費電力 1200W
・温度調節 40~100℃
・コード長 1.2m
・カラー ブラック
・品番 SK-M151
・JANコード/ISBNコード 4589919805211

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人気の記事

  1. スナテック・レジャーマット
  2. ダニシート 布団に置くなら足元。
  3. フィンガーアラート(Arte Viva)
  4. ミリオンフラッグ 本革マネーベルト(アムマックス)
  5. エアコンファン洗浄剤 くうきれい(ショーワ)

アーカイブ

PAGE TOP